軽井沢のヴォーリズレーン

 初夏、軽井沢へ行く機会がありました。元々、長野への旅行は決めていたのですが、よくよく調べると長野から軽井沢は新幹線ですぐなんですね。それが分かって長野2泊の予定を変更して軽井沢に1泊することにしました。
 軽井沢に行くからにはヴォーリズです。事前の調査によれば、現存しているヴォーリズ建築は

1.旧メジャー別荘c0094541_2220050.jpg
2.白根山荘(旧 三井高雄邸)
3.朝吹山荘「睡鳩荘」
4.近江兄弟社寮
5.浮田山荘(旧 ヴォーリズ山荘)
6.青葉幼稚園山荘(旧 アームストロング山荘)
7.日本基督教団軽井沢教会
8.軽井沢ユニオン教会
9.軽井沢会集会堂
10.軽井沢会テニスコートクラブハウス

 の10箇所あるはずでした。ただ大阪を朝出て軽井沢に着くのが午後になってしまうし、次の日も夕方には次の宿泊地、長野に移動することを考えると、全部を廻るのはやや無理なのは覚悟していました。特に個人の別荘はネットにも詳しい情報がないので、出たとこ勝負しかありません。
 結局、1,2,3,5は存在が判明しませんでした。その代わり現場には行ってみるものです。まったく情報がなかった発見がありました。偶然とはいえ、この旅の収穫でした。これは後ほど。
 
 軽井沢の駅でもらった案内書にヴォーリズレーンという小道が紹介されています。また軽井沢の季刊誌「軽井沢ヴィネット」にも記事がありました。「左右に広がるヴォーリズレーンを歩いていくと、「チームセンター」が目に入る。軽井沢で暮らす宣教師たちのコテージが並ぶコミュニティ・ゾーンだ。金髪の子供たちが駆け回っている様子が見える。多くの宣教師たちがここで生活し、ユニオンチャーチにある日本語学校へ通う。

 その少し先にヴォーリズの会社の山荘「近江兄弟社コテージ」があり、そこから横の坂道を登ると「アームストロング別荘」が見えてくる。この別荘は2階建てに見えるが、斜面を利用した3階建ての大正時代のもの。暖炉の煙突が土管でできているのも興味深い。
c0094541_22192744.jpg

 アームストロング別荘を見たら、今来た道を下って再びヴォーリズレーンを歩く。道に沿って小川流れ、道端には小さな野の花が風に揺れ、通る人々の気持ちを和ませてくれる。樹木は背の高い木が多く、広葉樹が多いので日差しが明るい。時々、巨木があって驚くが、それだけで歴史のある道なのだと感じさせられる。ヴォーリズはじめ、多くの外国人たちが歩いてきた道を、緑とフレッシュな空気を感じながら歩いてみよう」

撮影 2006.7.15 & 16
c0094541_2239446.jpg
この写真は旧軽銀座の土屋写真館で買った「軽井沢ヴィネット 2006夏号」から。
c0094541_2244317.jpg
 矢ヶ崎川沿いの「お気持ちの道」から「ヴォーリズレーン」へ入るところにあった標識。「軽井沢ヴィラ」が見えます。
c0094541_22464744.jpg
 記事にある「チームセンター」がありました。後で思えば「メジャー山荘」はこの一角の奥にあったのではないかと。「私有地につきご遠慮ください」のような看板があったので、これ以上敷地の中には入りませんでした。
c0094541_22521632.jpg
 チームセンターの入り口にある山荘は平屋。
c0094541_2253878.jpg
 ヴォーリズレーンの両側にはこんな別荘がたくさんあります。
c0094541_22553720.jpg
 浮田山荘があると思った場所にはこの建物。ヴォーリズの「9尺2間の山荘」は平屋建のはず。すでに取り壊されたのか、それとも私が間違ったのか。
c0094541_22532497.jpg
 この建物はヴォーリズレーンにはありません。明治の面影を残す数軒の別荘のうち当時のままに現役別荘として使われている、別荘番号「北の1番」です。素晴らしい。

Pe's Poem 「窓の中」

  寄り添うあなたの
  素足の爪が
  あまりにも四角くて
  曇天の空を映した
  小さな窓に見えてくるc0094541_2316682.jpg 
  窓はいくつ足しても
  なにも広がらず
  透けて見える分だけ
  厄介さがつのる
  外側にいるのがあなたか
  内側にいるのがあなたか
  本当はどちらにもいないのか
  西日に色あせてゆく部屋の中で
  あたしたちの影が絡みあう
  透明などという曖昧さを身にまとい
  どこまでも膨張しつづける
  仮象のくらし
  見えるか見えないか
  が問題なのではなく
  どこまで亀裂を深くすることができるか
  どこまで血まみれに染めあげられるか
  どこまで痛みに耐えられるか
  四角い風景の中で
  息をひそめながら
  背中にくっついた薄い日々を一枚ずつ
  突き刺すために
  針の形をした言葉を探す
  どこまで爪を剥いでゆけば
  あなたに近くなるのだろうか
[PR]
by gipsymania | 2006-09-09 22:40 |


<< 軽井沢の近江兄弟社コテージ Pe への追悼 >>