「ほっ」と。キャンペーン

日本聖公会 京都復活教会

c0094541_15592831.jpg
京都の堀川通りから北大路の交差点に位置するゴシック様式の教会。

日本聖公会 京都復活教会
旧 京都復活教会 1936(昭和11)年
京都市北区紫野西御所田町63
撮影 2006.6.24
c0094541_1631347.jpg
京都の建築紹介にもあまり出てきませんが、ご覧のように堂々としたゴシック・スタイルの塔を持つ教会です。
c0094541_1652087.jpg
 礼拝堂の西面。
c0094541_166610.jpg
 北面の窓。
c0094541_167383.jpg
 エントランスです。素晴らしい。
c0094541_1681472.jpg
 受付の後ろの窓は、先ほど見た北面の窓。
c0094541_1691190.jpg
 礼拝堂へ入ります。
c0094541_1693998.jpg
 聖公会の教会に多く見られるトラス小屋組です。いいですねぇ。
c0094541_16132234.jpg
 尖塔アーチ窓のガラス絵もシンプルで美しい。
c0094541_16142382.jpg
 アップで1枚。
c0094541_1615854.jpg
 教会から幼稚園へ行く廊下。
c0094541_16154244.jpg
 そして階段はいつものように緩やかな傾斜でした。
c0094541_1616218.jpg
 南側には復活幼稚園が併設されています。

Pe's Poem 「春の反作用」
  
  こんなにも
  いい天気で
  しかも 嵐です
  だから
  夜に訪ねてこないでくださいc0094541_1622031.jpg
  長い夢に睡眠不足です
  ざらつく幹の表面を
  持て余して
  一枚いちまいの葉にしがみつき
  一片ひとひらの花びらを落とします
  花は惜しくはない
  散るものは散らせたい
  それでも嵐には
  一枚の衣が必要なのです
  裸の木にはなれないから
  晒すものは何もないから
  突き刺すような空の視線に
  耐えるには・・・
  (耐える? なんという言葉だ)
  一本の木でありたいために
  一本の木であることに耐えるなんて
  こんなにも
  いい天気で
  しかも 嵐だから
  花が吹き荒れ
  一晩中吹き荒れて
  試練を越えた
  風雪を越えた
  青葉繁れる一本の木の神話が生まれます
  か─── ?
  つけっぱなしのTVは
  天気予報を繰り返す
  明日はくもりのち晴れ くもりのち晴れ くもりのち晴れ・・・
  希望っていいね
  明日 会えるかもしれない
  さくらの木の下で
[PR]
by gipsymania | 2006-10-09 16:23 | 建築


<< 日本基督教団 大津教会・愛光幼稚園 京都の大丸ヴィラ >>