投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

因島の白滝山荘

 因島にあるペンション白滝山荘はバプテストミッションハウスとして昭和初期にヴォーリズによって建てられ、宣教師ファーナム師が住宅として使用しファーナム邸とも呼ばれました。戦後は因島の日立造船のゲストハウスなどを経た後、荒れ放題になっていたそうですが、現在のオーナーである矢田部さんにより再生されました。素晴らしいチューダー・スタイルの木造一部3階建て。

いんのしまペンション 白滝山荘
旧 ファーナム住宅 (バプテストミッションハウス) 1931(昭和6)年
登録有形文化財
広島県尾道市因島重井町1233
撮影 2006.10.21 & 22
 白滝山の中腹(といってもそんなに高所ではありません)にあるので、下の道路からもよく目立つ洋館。重井港からは車がいいでしょう。私は友人が迎えに来てくれましたが、ペンションの送迎もあるそうです。
 ちょっと派手かなと思うほど太くて赤いラインで窓枠などを縁取る独特のハーフティンバーのデザインですが、近づいてよく見ると派手さよりも温かみを感じました。
 道路側には当時のままの煉瓦塀が残っています。素晴らしい。
 可愛いエントランスと煉瓦敷きの階段。
 エントランスをアップで。左上に登録文化財のプレートが。斜面に立っているため、ここを入ると2階です。
 入り口から後ろを見たところ。
 エントランスの階段の下は1階で倉庫になっていました。
 門灯も古い。
 入り口横にあるベル。
 入り口の木製扉も当時のまま。
 この日は予約のキャンセルがあったとかで、宿泊客は私たちだけ。写真は出窓部分を外から見たところです。
 このように斜面に建っていて向かって左側は三階建て。
 食堂のヴォーリズらしい出窓。長椅子にもなります。
 同じく食堂の正面側の窓。昔ながらの引き上げ窓です。
 同じ窓ですが、最初の写真は夕方、こちらは朝に撮影しました。光の加減で雰囲気が変わります。
 壁に埋め込まれた備え付けの食器棚。ヴォーリズの住宅によく見られる省スペース設計です。
 食堂にはおなじみの暖炉。
 3階の踊り場にも備え付けのタンスがあります。
 3階に上がる階段には縦長の窓があって上手に光を取り入れるよう設計されています。
 3階から階段部分を見ています。左にある丸窓が面白い。
 丸窓から階段ホールを見たところ。
 トイレ(共同)にあった昔のままの木製棚。
 私たちが泊まった青柳の間です。
 青柳の間に飾ってあった白滝山荘の絵。
 こちらは部屋においてあった因島を紹介した絵本にあった白滝山荘の絵です。
 裏側から見た山荘の全景。手前に煉瓦塀が見えます。
 下の道路からの遠景です。ペンションは4室あります。13名までとか。アットホームで瀬戸内の幸を使った料理もおいしい。お値段も手ごろだと思います。なによりヴォーリズの建物に泊まる幸せが一番かな。

↓の2枚はJALの月間誌AGORAに出ていた白滝山荘。


Pe's Poem 「更に丘へ」

  朝は戸口を出て
  垂直に伸びる建物と水平に伸びる道と
  二つの意思の間を
  ゆるやかに始まり
  色とりどりの営みに沿って
  楽しい日々の時刻めぐり
  午前十時の上り坂
  春ならばさくらのように過ぎて
  からんと明るい光雲(てるも)神社
  願いの筋はくもりのちはれ
  ふっくらとまるみを帯びた丘の上
  正午には展望台でまるい風景を眺める
  望遠鏡の中の光る海はきっかり一分
  望遠鏡の中の光る街もきっかり一分
  わずかな時間の所有の夢は
  コインが落ちてあとかたもなく
  閉ざされたレンズの向こうに
  霞のかかった海や街
  あるようでないような風景を尋ねて
  午後二時の下り坂
  秋ならばすすきかるかやを過ぎて
  紅葉の林はひんやりとして炎もなく
  身を焼くほどの罪はない か
  ひとでなしの罪はない か
  世はなべてこともなし
  予定調和の時刻めぐりの
  一日一日ずり落ちて
  このたびとつぜん更年期
  目の中をまっ赤に染めて夕陽が落ちる
  ここから始まる新しい日課は
  いまだ来たらず
  わたしはくうはく 空白です
  たたずめば足元にうずくまる風
  あるかなしか空気にも流れる道があり
  空白は 身軽だと分かる
  ウォーミングアップに小石をひとつ
  つま先でけり上げる
  さて とか
  では とか
  知らず知らずに声が出て
  その先はゆるやかに傾斜してゆく
  放物線の残像を追いかけて
  ふたたび春ならば
  見慣れた地図の上り坂
  丘の上にはやはり望遠鏡があるのだろうか



「おまけ」
 広島から三原へ移動して、高速艇で因島へ渡る予定でした。手違いがあって山陽本線ではなく、海側を延々を走る呉線に乗ってしまいました。時間はかかるし、途中で乗り換えが必要でした。乗り換えた列車がこの瀬戸内マリンライナーでした。
 マリンライナーの先頭車はこんな雰囲気のある車両です。とはいえ各駅停車の2両連結。時間をかけてゆっくり走ります。間違って呉線に乗ってよかった。
 三原港からはこの高速艇で重井港まで20分もかかりません。
 白滝山荘で一泊した翌日は因島の友人が写真の船でクルージングに誘ってくれました。
 クルージングで見かけた向島の別荘地。
 因島大橋の下もくぐりました。
 帰りは重井港から尾道へ、やはり船で移動。写真はJR尾道駅。


■  [PR]
by gipsymania | 2006-11-30 14:56 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsymania.exblog.jp/tb/5055306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by korikori at 2009-06-14 10:01 x
初めまして。先週東京でヴォーリズ展を見てきました。私の拙ブログにgipsymania様のブログを紹介させていただきました。よろしくお願いいたします。
Commented by gipsymania at 2009-06-14 16:08
korikori さん
はじめまして。紹介していただき、ありがとうございます。
広島ブログなのですね。
広島市内には広島女学院をはじめとして、
ヴォーリズ建築があったのですが、なくなってしまいました。
三原市の日本福音ルーテル三原教会が戦後の
作品の可能性があるのですが、まだ確認できていません。
何かご存知でしたら教えてください。
Commented by korikori at 2009-06-14 19:05 x
女学院にもあったのですか!? 知りませんでした。三原の教会、何か情報入ったらお知らせします。ありがとうございました。
Commented by gipsymania at 2009-06-15 10:08
korikori さん
戦前には今の中高部のある上幟町にかなりの校舎などがあったと思われます。
戦後すぐに、同じ中高部の場所に1棟、
さらに牛田東の大学新キャンパスにかなりの建物が建てられたはずです。
私が大学を訪ねた時は、ヴォーリズ建築の体育館が建て替え工事の最中でした。
戦後のヴォーリズ建築は、これといった特徴がないので、
あとどれだけ現存しているかは確認できませんでした。
Commented at 2014-04-03 16:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsymania at 2014-04-04 17:14
jj3jaj さん、
これは貴重な映画です!!
全編見てしまいました。
ファーナム一家の様子や白滝山荘が写ってますね。
不安定な世情の日本に宣教に来て、
こういう田舎で明るく暮らす一家を見ると頭が下がります。
ヴォーリズ氏とも共通点があります。
教えて頂いてありがとうございました。


<< 週刊新潮のヴォーリズの記事 福岡市の西南学院大学ランキンチャペル >>