ヴォーリズ関連の書籍紹介~ヴォーリズの建築:ミッション・ユートピアと都市の華

c0094541_92873.jpg この本も山形政昭教授の著書。「ヴォーリズの西洋館」が個人住宅を主体としているのに対し、こちらはミッション関連の公共施設の建物の紹介です。
 1.湖畔のユートピア:近江ミッション関係の建物、 2.プロテスタンティズムの花園:学校関連、 3.ミッションの礎:教会とYMCA、4.都市の華:各地の商業施設
 の4章からなる解説本。巻頭に関西学院中央広場、福島教会、ヴォーリズ記念病院、神戸女学院図書館、同志社アーモスト館、東洋英和女学院、大丸心斎橋1階エレベーターホールのカラー写真があり、巻末に戦前までのほぼ完璧なヴォーリズの作品リストが掲載されています。 18年前の著作のため、現存しているような記述になっている建物が、今はないという事例がある(広島女学院、カナディアン・アカデミーなど)のは仕方がありません。
 既に絶版になっていますが、Amazon やオークションなどので中古本は簡単に入手できます。
 
1989(昭和64)年初版発行
著者 山形政昭
発行所 創元社
定価 2330円+税
-: 340ページ

内容(「BOOK」データベースより)
メンソレータムで有名な近江兄弟社をおこしたヴォーリズは、琵琶湖畔の町近江八幡と軽井沢を拠点に、魂をはぐくむ建築を全国に残した。人を包み込むやさしい空間を訪ねる。

c0094541_941175.jpg
 巻頭にあるカラー写真のうちの神戸女学院図書館の内部。素晴らしいです。一度見て見たい。
[PR]
by gipsymania | 2007-06-01 09:44


<< ヴォーリズ関連の書籍紹介~教会... ヴォーリズ関連の書籍紹介~ヴォ... >>