日本基督教団福岡中部教会

c0094541_13473922.jpg
福岡の中心地、天神町から地下鉄で西へ1駅。赤坂駅で下車して明治通り沿いに少し東に戻ったところにある小さな教会。
 ヴォーリズ設計の教会が立て替えられたものですが、建て替えは、現在の一粒社ヴォーリズ建築事務所が行ったこともあり、ヴォーリズらしさを強く感じさせます。以前の教会は知りませんが、間違いなくオリジナルの外観を踏襲していると確信します。
 隣接のガラス張りの現代高層ビルに映り込む教会の尖塔が美しい。

日本基督教団福岡中部教会
旧日本メソジスト福岡教会 1941(昭和16)年 / 1989(昭和64)年建替
建替設計 : 一粒社ヴォーリズ建築事務所
福岡市中央区大名2-4-36
撮影 : 2008.1.14
c0094541_13484364.jpg
 明治通りに面してスクラッチタイル貼りの門柱と鉄製格子扉があり、この奥が礼拝堂。
c0094541_1356192.jpg
 礼拝堂の背後に縦長のアーチ窓を持つ別の建物が見えます。まぎれもなくヴォーリズの世界。
c0094541_1351043.jpg
 正面の妻には2蓮のアーチ窓、玄関庇はスペイン瓦葺きでスパニッシュ風の教会。
c0094541_13534849.jpg
 鐘楼は尖塔。
c0094541_13542644.jpg
c0094541_13543991.jpg
 玄関周りはかなり現代的な印象。
c0094541_13553271.jpg
 窓越しに玄関ホールを見ています。階段があるので礼拝堂は2階にあるか、あるいは吹き抜けで2階席があるのかもしれません。
c0094541_13573813.jpg
 もう少し引いたアングル。右のビルに礼拝堂全体が映って素晴らしいシーンです。
[PR]
by gipsymania | 2008-02-02 14:05 | 建築


<< ヴォーリズ関連の書籍紹介~男の... 大丸ヴィラ >>