「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧

近江今津の前川邸

c0094541_13284753.jpg
 今津郵便局の局長だった前川理平氏の住宅として郵便局と同時期に建てられました。

前川邸 1934(昭和9)年
滋賀県高島市今津町弘川
撮影 2006.7.22
c0094541_13314710.jpg
ヴォーリズ通りから北西にかなり歩きます。30分近くかかったような気がします。暑かった~。
c0094541_13353395.jpg
 ごらんのようにまったくの日本家屋。倉の後ろに隠れたように建っているので見過ごしてしまいそうです。しかしよく見るとヴォーリズ煙突。これがないとまったく周りの住宅と区別がつきません。最初に煙突を見つけたときは、思わず笑ってしまいました。
c0094541_13384155.jpg
 道路側には歴史を感じる古い倉があります。この向こうが前川邸です。
c0094541_1340766.jpg
 門の近くからこのように見えてきます。
c0094541_13415938.jpg
 東から見ると普通の切妻屋根の日本家屋。
c0094541_13425066.jpg
 もう一度北側から見た全景を。このようなヴォーリズの純日本家屋は近江八幡にもありますね。最初に見た印象では違和感がありましたが、今では好きな建物の一つになりました。

Pe's Poem 「朱夏の死」

 ジジジーッと
 激しい一声をあげて
 ベランダの固いコンクリート床に
c0094541_1357826.jpg 飛び込んでくる
 腹を上に向けて足をわずかに蠢かせ
 見ているうちに動かなくなる
 その形は討ち死にである
 頑固な形相だ
 七年も地中で暮らして
 鳴くために木の幹を這いのぼる
 地上に出てくるときすでに
 予感された死である
 鳴くことが生きること
 生の衝動のまま死に至る
 意味など初めから粉砕されている
 その姿や あっぱれと
 濡らした指からしたたる水を
 顔のあたりへ一滴たらしてやるのだが
 うれしくもない末期の水に違いない
 この夏ひとりの男が逝った
 「一期は夢ぞ ただ狂へ」
 と歌いながら
[PR]
by gipsymania | 2006-09-29 13:37 | 建築

近江今津の旧今津郵便局

c0094541_1393967.jpg
 今津教会を更に少し西へ歩きます。郵便局でしたが、今は倉庫になっているようです。

旧 今津郵便局 1934(昭和9)年
滋賀県高島市今津町今津
撮影 2006.7.22
c0094541_13124168.jpg
 正面ですが、前に車が駐車していたのでやや上を撮ることにしました。道幅が狭いのでなかなか一枚に収まりません。こういうときは広角レンズのカメラが欲しくなってしまいます。
c0094541_13135284.jpg
 エントランス上部のレンガアーチ。
c0094541_13161070.jpg
 隣家との隙間から西面を。かなり痛んでいます。
c0094541_13172464.jpg
 同じく西側の出窓です。ここにはヴォーリズらしさが。
c0094541_13183675.jpg
 東側は空き地で倉庫からトラックへの荷物の積み込みスペースでした。東側の老朽化はかなりのものです。近江八幡の郵便局は地元のボランティアのご努力によって改修されていますが、ここも何とかならないのでしょうか。とはいえ自分では何も出来ない無力さを痛感します。
[PR]
by gipsymania | 2006-09-29 13:22 | 建築

日本基督教団今津教会

c0094541_1155510.jpg
 ヴォーリズ資料館からヴォーリズ通りを西にすぐのところにある素晴らしい教会です。

日本基督教団今津教会 
旧 今津基督教会館礼拝堂 1933(昭和8)年
登録有形文化財
滋賀県高島市今津町今津1650-1
撮影 2006.7.22 
c0094541_11123751.jpg
この日は土曜日なので門が閉じていました。革のベルトで施錠されています。洒落てますねぇ。
c0094541_1110545.jpg
 教会の正面にある「今津」の「今」の漢字が逆になっているのは、こういう理由です。
c0094541_11475372.jpg
 西面です。礼拝堂はかなり大きい。
c0094541_11151695.jpg
 エントランス・ポーチの意匠はヴォーリズらしさが出ています。
c0094541_11162241.jpg
 窓から覗きました。やはり簡素です。
c0094541_11484311.jpg
 ヴォリズ煙突は東面にあります。
c0094541_11174789.jpg
 この門のデザインはヴォーリズではおなじみですね。
c0094541_1149198.jpg
 全景です。礼拝堂の後ろは幼稚園につながっています。
c0094541_11261678.jpg
 つなぎ目の廊下部分もヴォーリズらしく。
[PR]
by gipsymania | 2006-09-29 11:10 | 建築

今津ヴォーリズ資料館

c0094541_10343449.jpg
 近江今津の駅から国道(旧若狭街道)を北上して、辻川通り(ヴォーリズ通り)へ左折する角に建っています。銀行の建物を資料館として保存するとともに、観光拠点として有効利用されています。近江今津のヴォーリズ探索はまずここから。入場無料です。

今津ヴォーリズ資料館
旧 百三十三銀行今津支店 1923(大正12)年
登録有形文化財
滋賀県高島市今津町今津175
撮影 2006.7.22
c0094541_10405333.jpg
大正時代の築ですが、改修されていい状態で現存しています。
c0094541_10434731.jpg
 正面のアップ。
c0094541_1044982.jpg
 同じく正面にある小さなベランダです。
c0094541_10451372.jpg
 中にはヴォーリズの年表や作品を紹介するパネルが壁に並んでいます。無料パンフレットがありこれが興味深い。また写真や岩井克統さんの水彩画の絵葉書を売っていました。もちろん買いました。(^_^)
c0094541_10501957.jpg
 アンティークなピアノがありました。
c0094541_1051396.jpg
 中の照明器具も凝っています。
c0094541_10522946.jpg
 ここでお茶をどうぞ。
c0094541_1053478.jpg
 資料館の裏に商工会館があります。最近建ったばかりですが、ヴォーリズを意図した設計で、地元の皆さんの力の入れ方が分かりますね。
[PR]
by gipsymania | 2006-09-29 10:43 | 建築

近江今津のヴォーリズ通り

c0094541_10121657.jpg
 よく考えてみると滋賀の記事は初めてです。c0094541_10213214.jpg滋賀県はヴォーリズが近江八幡を拠点にしていたこと、また彼の建築が数多くのこっていることから、既にネットで紹介されている建物が多いように思います。そういう理由で後回しにしまていましたが、これから少しずつアップします。

 琵琶湖の西岸を走るJR湖西線の近江今津駅から旧若狭街道を少し北上すると東西へ伸びる辻川通りに出ます。その東側は東町商店街です。ここに今津ヴォーリズ資料館、今津教会会堂、旧今津郵便局という三つのヴォーリズ建築が立ち並ぶことから、最近ヴォーリズ通りと呼ばれるようになりました。
c0094541_10232384.jpg
 ヴォーリズ資料館から通の西側を望む。
c0094541_10241856.jpg
 これがヴォーリズ通りです。
c0094541_10244827.jpg
 通りにはこんな古い家もありました。
c0094541_10252717.jpg
 通りには説明板が。
c0094541_10255449.jpg
 旧今津郵便局の前にあった花鉢。
c0094541_10263957.jpg
 今津教会の門の前に、なぜかこんな可愛いぬいぐるみが入ったバスケットがおいてありました。歓迎してくれてるのかな。
[PR]
by gipsymania | 2006-09-29 10:28 |

救世軍京都小隊

c0094541_16193023.jpg
 京都四条河原町から西へ少し進み、南に折れたところに小さな教会が建っています。

救世軍京都小隊 1935(昭和10)年
京都市下京区徳正寺町37
撮影 2006.6.24 & 7.29
c0094541_1622125.jpg
四条から南下すると見えてきます。塔屋が途中で工事をやめてしまったのではないかと思うくらい低いですね。
c0094541_16254138.jpg
 エントランスです。The Salvation Army が見えます。
c0094541_16265319.jpg
 南面は隣のビルと近すぎてあまり見えませんが、かなり古いです。
c0094541_16281375.jpg
 The Salvation Army (救いの軍隊)はイギリスのウイリアム・ブースが起こした一派です。組織と規律が軍隊流だとか。「小隊」は教会にあたります。
c0094541_1632321.jpg
 正面の十字架が宙に浮いているように見えます。
c0094541_16325083.jpg
 夜はこんな感じです。
c0094541_1633197.jpg
 最後に全景をアングルを変えて。
[PR]
by gipsymania | 2006-09-27 16:25 | 建築

日本基督教団 京都御幸町教会

c0094541_15583797.jpg
 京都の御幸町(ごこうまち)にある大正初期の古い教会。レンガ造りで尖塔アーチ窓のゴシック様式です。

日本基督教団 京都御幸町教会
旧 日本メソジスト京都中央基督教会 1914(大正3)年/1998(平成12)年改修
京都市指定文化財
京都市中京区御幸町通二条下ル山本町434
撮影 2006.7.29
c0094541_1624270.jpg
 正面の尖塔アーチ窓。
 京都新聞のHPにある記事を転記します。↓
「この京都御幸町(ごこうまち)教会を1913年に建築したのは、伝道者で建築家のウィリアム・ヴォーリズ。彼が関西学院大のキャンパスデザインから教会建築へ転換する時期の建物だ。教会は今年、メソジスト派の伝道から107年。百年史編集委員長の大島襄二関西学院大名誉教授(85)は「彼は京都市内で教会を随分設計したのですが、もとの姿が残っているのはここだけ。揚げ戸は実験的で他にはありません」。

 米国から赤れんがを運び、入り口の上の窓は京都らしさを意識して格子戸に。キリスト教を排撃する人々を刺激しないよう十字架の表現を控え、入り口の扉周りの白い石を結ぶと隠れた十字架が浮かび上がる。

 礼拝堂は音響効果の良さでも知られ、音楽好きのヴォーリズならでは。阪神大震災後にできた合唱団が演奏会をし、遺児らを支援する。室内楽やオルガンの演奏もある。戦前、三高から京都帝国大へ進んだ日野原重明聖路加国際病院理事長(94)は、ここの日曜学校や聖歌隊の指揮で活躍した。「僕が指揮を好きになったのは、聖歌隊で大きな曲の勉強ができたからです。クリスマスやイースターのときは非常に盛んだった」と思い起こす。」
c0094541_1661940.jpg
 南面にはこのような縦長の尖塔アーチ窓が並んでいます。
c0094541_167569.jpg
 北面にはやはりヴォーリズ煙突がありました。
c0094541_1683683.jpg
 基礎にはAD1913。定礎を打った年です。完成は翌1914年です。
c0094541_16112575.jpg
最後に全景を。訪問したのが土曜日だったので中は見れませんでした。礼拝堂の中はこちらの二つのHPへ行ってください。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/green_house/vories-gokhomachi.html
http://www.kyo-teramachi.com/kaiwai/gokomachi.htm
[PR]
by gipsymania | 2006-09-27 16:03 | 建築

京都の東華菜館

c0094541_15413229.jpg
 京都四条大橋のたもと、鴨川沿いに建つ中華料理店。元々矢尾政レストランという西洋料理店だったそうです。ヴォーリズでは珍しいスペイン・バロック様式を採用しており、いたるところに微笑みたくなるような装飾がちりばめられています。

東華菜館
旧 矢尾政レストラン 1926(大正15)年
京都市下京区四条大橋西詰
撮影 2006.5.21,6.24 & 7.29
c0094541_15493790.jpg
今年の夏は3回京都の散策をしました。歩き疲れると最後にここ東華菜館で一休みというのが定番になってしまいました。夏はビアガーデンもあるのです。
c0094541_15515372.jpg
 鴨川沿いの川床からの眺めです。装飾が一杯。
c0094541_15534391.jpg
 夕暮れになると更にいい雰囲気になりました。ここでビールの大ジョッキと春巻きを食べるのが定番です。春巻きは皮が柔らかめで卵が多めに使われてる感じがしました。美味しい。お気に入りです。
c0094541_15543514.jpg
 有名なエントランスのファサード。凝ってますねぇ。教会のようなシンプルな建物とこのような過剰といえるほどの装飾の対比。とても同じ設計者の作品とは思えませんが、彼は建物の目的と立地環境に適応する柔軟な発想があるのですね。
c0094541_15551742.jpg
 中に入ってエントランスを振り向いたところ。
c0094541_15562286.jpg
 同じく入ってすぐのところに蛸がいます。
c0094541_1557259.jpg
 レトロな手動式エレベータが今も活躍中。
c0094541_15581877.jpg
 2階へ登る階段。特徴ある壁窓の装飾。
c0094541_15585981.jpg
 階段から2階を望む。
c0094541_1612882.jpg
 2階の奥にはこんな調度品がありました。
c0094541_1661797.jpg
 個室の入り口です。調度品と同じ意匠が使われています。
c0094541_1681251.jpg
 階段踊り場。
c0094541_1684384.jpg
 大きな宴会場。
c0094541_1610249.jpg
 これはまた別の宴会場です。
c0094541_16110100.jpg
 エレベータを5階で降りればそこは屋上テラスになっていて、やはりビヤガーデンでした。
c0094541_16125080.jpg
 テラスからの眺め。大きなベイス(飾り壷)がヴォーリズらしい。鴨川の向こうに見えるのはレストラン菊水のビルです。上田工務店の設計・施工、1926年完工の登録有形文化財。
c0094541_16153530.jpg
 東華菜館の個室から南座を望みます。歌舞伎場である南座も古く、1929年、。白波瀬直次郎の設計。これも登録有形文化財です。
c0094541_16185875.jpg
 テラスから短い階段を登ると一段高い屋上。ランドマークの塔には給水タンクなどが入っているとか。
c0094541_16204431.jpg
 屋上には物置のようなものがありますが、これもヴォーリズらしいデザインです。ヴォーリズは他にはレストランは手がけていないようなので、この建物に対する思い入れを感じます。素晴らしい。

Pe's Poem 「Bon Voyage」

  巨大なビルの迷路を縫って
  ネコの目かすめて駆け抜けた
c0094541_1626392.jpg  ビルの管理人は居眠りしてる
  エレベーターは停止してる
  地上14階まで行かなくちゃ
  1階・2階・3階・4階は一気に
  振り返らず 振り切って
  5階・・6階・・7階・・8階・・・
  ペースダウン 引力に負けて
  9階でひと休み
  ビルの内部はc0094541_1627068.jpg
  だれもいない
  明るい 海の底
  現れては消える砂の紋
  静かで懐かしい 光が揺れる
  だれもしらない
  ちょっと笑って goodbye
  引力圏をダッシュで脱出
  10階からはまっしぐら11 12 13
  地上14階にあるc0094541_16271541.jpg
  だれも乗らない舟
  忘れられた舟 Oh!Santa Maria
  位置を占めて櫂をとる
  きゅるきゅるきゅるるる
  思いきり大きく響け
  頭上にはガラス張りの屋根
  その向こうには大都会の夜空
  その向こうの向こうへ
  きゅるるるるるるるるるるるる
  耳の中いっぱいにインパルス
  大音響の大爆発c0094541_16273891.jpg
  ガラスが噴水のように舞い上がる
  いつのまにか
  舟は宙に飛び出した
  漕いで漕いで漕いで
  下界ではビルが壊れ 波打つドミノ
  隣の隣の隣のビルもビルもビルも壊れ
  ネコが騒ぐ ショート寸前
  街が壊れ
  ネコのチップが弾け飛ぶ
  大都会が壊れ
  音もなく沈んでゆく
  光の飛沫の間歇泉が
  いつまでもいつまでもc0094541_16275482.jpg
  終わりのない花火
  だれもしらない
  ちょっと笑って goodbye
  夜につつまれて
  夢の夢による夢のための始まり
  頭も体も心もからっぽ
  軽快警報 ピリリと利かせ
  目は前方へ これから遭うものに憧れている
  ほら いま月が落ちていった
  もう 月もいらないね
         
[PR]
by gipsymania | 2006-09-26 15:51 | 建築

京都YWCAサマリア館

c0094541_1355365.jpg
京都御所の西側、室町通に位置するYWCA。比較的最近になってヴォーリズの設計であることが確認されました。元々は女子寮でしたが、今はサマリア館と呼ばれ、英会話やフラメンコの教室として使用されています。

京都YWCA会館 1936(昭和11)年
京都市上京区室町通出水上る近衛町44
撮影 2006.7.29
c0094541_13591663.jpg
エントランス・ポーチです。この位置に来るには、室町通に面した本館の中を通る必要があります。
c0094541_1415475.jpg
 エントランスの正面。白木の格子はヴォーリズの住宅建築でよく見かけます。
c0094541_143322.jpg
 決して急勾配にはならないヴォーリズの階段。 
c0094541_1438840.jpg
2階の廊下の様子です。
c0094541_1451582.jpg
 寮だった部屋。全体的な印象としてはやはり「やさしい」造りですね。 
c0094541_14275924.jpg
六甲山荘にもあった収納式のアイロン台。女子寮だったので廊下において共同で使っていたのでしょう。
c0094541_1485191.jpg最初にも言いましたが、サマリア館は外部からは北西面を一部見ることができますが、エントランス部や南面は一旦本館を靴を脱いで通って行く必要があります。女性の園ということで迷いましたが、意を決して本館受付でお願いしたところ、快く了解頂いただけでなく、案内までしてもらうことになりました。
YWCAの皆様、ありがとうございました。








古い家具や小物がそのまま大事に使われています。c0094541_149570.jpg
これらは建てられた当時からそのままのドアノブとタオル掛け。 六甲山荘や近江八幡の旧忠田邸で見たものと同じです。









     
再び外に出てエントランス右側を撮影。
c0094541_14203175.jpg
 
c0094541_14211487.jpg
 敷地の外からちょっと見える西面です。

Pe's Poem 「ベランダで・」c0094541_14583278.jpg

  死なせるわけにはいかない
  私が選んで買ってきたのだから
  非常に私的な愛着で水をかける
  筍の煮物の上に
  ちらし寿司の上に
  画竜点睛
  仕上げには絶対欲しい
  思い込みの美学で水をかける
  たかだか山椒の鉢植え
  とげとげちくちくの
  色と匂いの冴えを
  私の満足のために
  愛でている
  アロエやベゴニアはいい
  水やりを忘れても
  ペパーミントもレモンバームも
  見かけによらず強い
  だけど
  私の山椒はすぐにぐったりするのだ
  死なせるわけにはいかないけれど
  せめてまた来る春まではと思っているけど
  この夏
  枯れちゃったら
  ゴメンネ

「おまけ」

 烏丸通から西に入って室町通のYWCAに行く途中には興味深い建物があります。
c0094541_156745.jpg

聖アグネス教会 1898
京都市指定文化財
設計 J.M.ガーディナー
c0094541_157278.jpg

平安女学院高等学校・昭和館 1929
設計 バーガミー
c0094541_1591815.jpg

カフェサラ(イベントスペース・サラ)
大正初期の和風家屋と洋館の折衷
[PR]
by gipsymania | 2006-09-26 13:59 | 建築

六甲山の神戸ゴルフ倶楽部

c0094541_15452937.jpg
 六甲山頂の神戸ゴルフ倶楽部。1903年にオープンし、100年以上の歴史を誇る日本最古のゴルフコースです。瀟洒なクラブハウスがヴォーリズの設計です。会員以外はハウス内に入れませんので外からの撮影になってしまいます。中を見たい人は会員になるか↓を見てださい。(^-^;;
http://www.golfdigest.co.jp/gdo/column/chouse/0101.asp

神戸ゴルフ倶楽部クラブハウス
旧 Major Irwineのゴルフクラブ 1932(昭和7)年
神戸市灘区六甲山町一ケ谷
撮影 2006.8.19
c0094541_15545726.jpg
 クラブへの入り口です。
c0094541_15552337.jpg
 こちらはプレイヤー用のコースへの出入り口。
c0094541_15563539.jpg
 クラブハウスのテラス。眺めもよさそうです。ここでビールを飲みたいなぁ。
c0094541_15571568.jpg
 素晴らしいので少し角度を変えて。
c0094541_15585371.jpg
 テラス出入り口のドアもいいですね。
c0094541_15592546.jpg
 敷地の外から植え込み越しに煙突が見えます。
c0094541_160449.jpg
 コースのはずれにクラブの従業員宿舎があります。手ぶれしてしまいましたが、これもいい感じの山荘でした。

「おまけ」

c0094541_163596.jpg

六甲山頂へは六甲ケーブルで登ります。これがまたレトロで素晴らしい。
c0094541_164235.jpg
 乗って上を見たところ。いいでしょう?
c0094541_165873.jpg
 六甲ケーブル山頂駅もレトロでした。1932年ケーブル開通時に建てられたものです。

Pe's Poem 「盆会の蝶」

  紋白蝶が黒い影を落とす
  真昼の砂地
  視界の端で
  浮遊していた黒点が
  颯と広がる
  目を上げると
  紋白蝶は巨大な雲になって
  夏空に湧きのぼる
  小さな菓子箱を開け
c0094541_1694233.jpg  萎びた青菜を捨て
  私の紋白蝶を放つ
  一匹
  纏いついていた鱗粉は
  死んだ人の最後の吐息
  幽かに青い血のぬくもりが
  身体の奥深くに澱む
  灼けた白御影に
  刻まれた文字
  剥げ落ちた金泥の底に
  死にきれない魂魄の染み
  于蘭盆の香の匂いの中で
  竹箒の目を立ててゆく
  古い筋を消し
  新しい筋を引く
  水をかけた墓石の上に
  静止して動かない紋白蝶
  一匹
  冥界の旅は終わりましたか
  冥界の海は凪いでいますか
  メッセージは不要です
  今度こそ
  本当にサヨウナラ
  一滴
  そして驟雨
  背中を激しく叩かれながら
  私は徐に触角を伸ばす
[PR]
by gipsymania | 2006-09-22 15:54 | 建築