<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

近江八幡市池田町の石橋邸

c0094541_15484878.jpg
 池田町洋風住宅街の南端に位置する石橋邸。吉田悦蔵氏の妻、清野夫人が婦人教育のために発足させた近江家政塾として、吉田邸の南隣に建てられたものです。木造平屋建て。

石橋邸
旧 近江八幡家政塾 1936(昭和11)年
滋賀県近江八幡市池田町5
撮影 2006.9.23, 24 & 11.25
c0094541_15554631.jpg
 ここまで煉瓦塀が延びています。
c0094541_15562539.jpg
 正面の切妻屋根のトタン張りのところは後日貼られたものでしょうか。この部分に屋根裏部屋があるようです。
c0094541_15575173.jpg
 煉瓦塀越しに。
c0094541_1605151.jpg
 南端。
c0094541_1612471.jpg
 玄関横の壁に格子の丸窓があります。
c0094541_1621227.jpg
 丸窓のアップ。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-30 16:03 | 建築

近江八幡市池田町の吉田邸

c0094541_812364.jpg
 同じく池田町洋風住宅街にあり杉本邸の南隣に位置する吉田邸。ヴォーリズが赴任した近江八幡商業高校の教え子で、その後近江ミッションをヴォーリズとともに支えた吉田悦蔵氏の住居でした。登録有形文化財に指定されたアメリカン・ダッチ・コロニアル風の木造三階建て。

吉田邸
旧 吉田悦蔵邸 1913(大正2)年
登録有形文化財
滋賀県近江八幡市池田町5
撮影 2006.9.23,24 & 11.25
c0094541_8115358.jpg
 煉瓦塀と門。今は英語教室としても使われています。つまり英語を習いに行けば中が見れるのです。うらやましい。
c0094541_8154296.jpg
 煉瓦塀にあった案内板。
c0094541_8162035.jpg
 南正面のエントランスです。夕方の写真。逆光気味なので何か神秘的。
c0094541_8181580.jpg
 同じアングルを次の日の午前中に撮影しました。光の加減で表情が変わります。
c0094541_8192021.jpg
 門の塀越しに見た正面。1枚目は夕方、これは午前中の様子です。
c0094541_8212164.jpg
 正面下部をもう一度。
c0094541_8222616.jpg
 正面の上部。
c0094541_823244.jpg
 杉本邸から見た北西面。
c0094541_8235333.jpg
 西面は民家の間から見えます。
c0094541_8245355.jpg
 南側に駐車場がありそこから南西面が見れました。
c0094541_826588.jpg
 
c0094541_827880.jpg
c0094541_8272857.jpg
 同じ場所から南面を3枚。腰折れ屋根が素晴らしい。
c0094541_8282061.jpg
 11月にも行きました。正面は庭の木が剪定されて視界が広がりました。
c0094541_8295079.jpg
 木々も秋らしく。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-29 08:32 | 建築

近江八幡市池田町の杉本邸

c0094541_17504893.jpg
 近江八幡の池田町に近江ミッションのため、大正初期に建てられた3軒の住宅の一つ。同時期に立てられたこの杉本邸(ウォーターハウス邸)吉田悦蔵邸、ヴォーリズの自宅がありましたがヴォーリズ邸は解体され現存しません。アメリカン・ダッチ・コロニアル様式の木造三階建て。

杉本邸
旧 ウォーターハウス邸 1913(大正2)年
滋賀県近江八幡市池田町5
撮影 2006.9.23, 24 & 11.25
c0094541_1821313.jpg
門と塀は煉瓦造り。
c0094541_1832851.jpg
 東の正面を塀越しに見たところ。9月下旬の撮影です。
c0094541_1844151.jpg
 このように塀と塀際の木には蔦が絡まっていい感じになっていました。
c0094541_1862699.jpg
 杉本邸はいつも門が開いているようです。門から見た東面。切妻屋根で煙突が中央に立っているので三階上部の妻換気口は煙突の中にあると思われます。一階で暖炉を焚いたら、着火時に煙が三階に廻らないか気になるところですが、多分煙突が高いのでドラフトが効くのでしょう。
c0094541_1811135.jpg
 東面の南端。ここから北側に玄関入り口が向いています。
c0094541_18124172.jpg
 東南の面が少し見えます。
c0094541_18133434.jpg
 杉本邸の門から隣の吉田邸の一部が見えました。
c0094541_18144572.jpg
 北面はダブルハウス諸川邸の前の道から遠く見ることができます。右の腰折れ屋根は吉田邸。
c0094541_18165171.jpg
 諸川邸の近くの空き地から北面を。
c0094541_18175314.jpg
 西側の道から。ほぼ東西同じ形をしていますが煙突が引っ込んだ位置にありますね。
c0094541_1819169.jpg
 これは南東から。
c0094541_1820283.jpg
 以下は11月末に撮影した杉本邸。蔦が枯れて違った趣になっていました。
c0094541_18212236.jpg
 塀越しに見た秋の東面。
c0094541_1822747.jpg
 東正面にある南に向いた玄関です。
c0094541_18225673.jpg
 塀の木々も秋らしく。
c0094541_18233244.jpg
 もう一度塀越しに東面を。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-26 18:24 | 建築

近江八幡市池田町の諸川邸

c0094541_17432177.jpg
 佐藤邸の西側に接続されている諸川邸。ダブルハウスをアングルを変えて見るわけですが、玄関ポーチの位置や煉瓦塀の意匠が違っていて興味をひきます。

諸川邸
旧 近江兄弟社ダブルハウス 1921(大正10)年
滋賀県近江兄弟社ダブルハウス
撮影 2006.9.23 & 24
c0094541_1746271.jpg
 佐藤邸の方から北側を見ています。煉瓦塀は佐藤邸まで続いて、諸川邸の門で途切れています。さらに西に進むと再び煉瓦塀になります。
c0094541_17473735.jpg
 二世帯の分かれ目を見ています。3階の屋根窓のある部屋も二つに分かれているのがわかります。
c0094541_1749317.jpg
 北西から見たところです。西側は再び煉瓦塀。
c0094541_17494219.jpg
 門廻りの塀はヴォーリズ特有のコンクリートに飾り煉瓦を配した意匠。
c0094541_17503258.jpg
 玄関ポーチ。
c0094541_1751119.jpg
 同じ玄関ポーチを東から。
c0094541_17514679.jpg
 正面が入り口ではなく、西側から玄関ポーチに入るようになっています。
c0094541_17525712.jpg
 玄関の右側にある通用口はアーチ型。
c0094541_17533961.jpg
 西から見たの諸川邸。手前のカーブした塀はお隣の家の塀です。
c0094541_17542514.jpg
 最後に南西にある空き地からダブルハウスの全景が見えました。ここも南側の下部を見たいです。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-24 18:00 | 建築

近江八幡市池田町の佐藤邸

c0094541_21512879.jpg
 近江八幡の池田町はヴォーリズの洋館が残っていて、池田町洋風住宅街として観光名所になっています。この建物は近江ミッションの米国人スタッフのための住宅で、ダブルハウスと称されるコロニアル・スタイルの二世帯住宅です。最初に入居したのはヴォーリズの両親と米国の建築技師で、その後も近江ミッションの人たちに受け継がれ、佐藤、諸川両家の住宅として現在も使われています。木造一部3階建。

佐藤邸
旧 近江兄弟社ダブルハウス 1921(大正10)年
滋賀県近江兄弟社ダブルハウス
撮影 2006.9.23 & 11.25

c0094541_21583031.jpg
 南側の杉本邸前の煉瓦塀にある掲示。
c0094541_220190.jpg
 南東から。ヴォーリズとしては比較的珍しい寄棟屋根なので、換気を配慮し3階部分が大きな屋根窓になっていて、その上に何か半円筒の煙突を横にしたようなものが見えます。これも換気のための仕掛けのような気がします。
c0094541_2285481.jpg
 東側の煉瓦塀。
c0094541_2292586.jpg
 東側の門。
c0094541_2294926.jpg
 こちらは北側の通用門。
c0094541_2212090.jpg
 一枚目の写真はダブルハウスの全景を見ています。この写真の屋根窓の中央部から降りている雨どいで左右に二世帯が分離されています。
c0094541_22163516.jpg
 佐藤邸の北面。
c0094541_2224880.jpg
 北側の佐藤邸の煉瓦塀には格子開口がありました。
c0094541_22174058.jpg
 東から。手前の和風の建物は後に建てられたものでしょう。
c0094541_2218293.jpg
 同じく東から少しずれて。
c0094541_22183917.jpg
 南東から見ています。この屋敷は南側に庭があり、玄関も南側にあります。見所だと思いますが見れないのが残念でした。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-23 22:22 | 建築

近江八幡の前田邸

c0094541_13508100.jpg
 近江八幡市の西、先に紹介した土田町の3軒の住宅から国道2号線を渡って北へしばらく進んだところにある素晴らしい洋館。ヴォーリズ建築事務所の佐藤久勝氏が自宅として設計したものです。登録有形文化財に指定されたスパニッシュ・スタイルの木造二階建て。

前田邸
旧 佐藤久勝邸 1931(昭和6)年
登録有形文化財
滋賀県近江八幡市土田町
撮影 2006.9.23
c0094541_13581368.jpg
 南側に門があります。ヴォーリズらしい飾りレンガを使った意匠がそのまま残っています。
c0094541_13591964.jpg
 門からかなり奥にエントランスがかすかに見えました。木々が生い茂って全貌がわかりません。もう少し見たい人は佐野さんのHPをどうぞ。↓素晴らしい!
http://sano567.web.infoseek.co.jp/SHIGARETORO/vo-rizu/vo-rizudata/maedatei.htm
c0094541_1432560.jpg
 いいポイントがないので一周しました。西側の手前の家の隙間からヴォーリズ煙突が見えます。
c0094541_14144985.jpg
 別の隙間からはベランダとドアが見えました。いい感じです。
c0094541_14153267.jpg
 再び南に戻り東に移動。相変わらず木々が生い茂っています。
c0094541_14174150.jpg
 東に回ると空き地から妻面が見えました。
c0094541_14182088.jpg
 北東から建物の北面も。
c0094541_14185770.jpg
 ピントを建物に合わせて。
c0094541_14192939.jpg
 北に回ったら、手前の家が障害になって、やはりほとんど見えません。煙突はOK。
c0094541_14205832.jpg
 少しずれたら北側の妻面が見えました。八角形の窓がいいですね。もっと見たいものです。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-22 14:23 | 建築

日本基督教団 近江八幡教会

c0094541_10574346.jpg
 旧YMCA会館の隣に建つ近江八幡教会。ここにはヴォーリズの1924(大正13)年築の教会がありましたが、残念なことに焼失しました。今の教会は比較的新しく、1983(昭和58)年に一粒社ヴォーリズ建築事務所により建てられたものです。

日本基督教団 近江八幡教会 1983(昭和58)年
滋賀県近江八幡市為心町中
撮影 2006.9.23, 24 & 11.25
c0094541_1141654.jpg
 白い鐘楼。この日(9月24日)は天気がよく、空が青いです。
c0094541_1164469.jpg
 鐘楼のアップ。
c0094541_117892.jpg
 YMCA会館側の入り口。
c0094541_1173968.jpg
 南が道路に面していて、こちらが礼拝者の入り口になります。
c0094541_1183237.jpg
 同じ入り口のアーチ。
c0094541_119456.jpg
 西側も道路に面していますが、下部は飾りタイルが施されています。
c0094541_1110102.jpg
 西面アーチ。
c0094541_11104646.jpg
 北西から全景を。
c0094541_11111656.jpg
 東の入り口を中から見ています。ガラス扉に葡萄。
c0094541_11122560.jpg
 礼拝堂の中。
c0094541_11124794.jpg
 中をもう一枚。
c0094541_11131296.jpg
 日曜日は礼拝。
c0094541_11133998.jpg
 逆光で撮った鐘楼。
c0094541_11142054.jpg
 最後に道路の東から見ています。左は牧師館です。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-21 11:15 | 建築

近江八幡教会牧師館

c0094541_14511043.jpg
 近江八幡市為心町の旧YMCA会館の道路を挟んだ南側に建つ和洋折衷、木造二階建ての建物。建築年がはっきりしませんが、最初の近江八幡教会が建ったのが1924(大正13)年ですから、そのころに建てられた可能性があります。

日本基督教団近江八幡教会牧師館
旧 近江兄弟社地塩寮 1924(大正13)年ころ?
滋賀県近江八幡市為心町上
撮影 2006.9.23 & 9.24
c0094541_1541736.jpg
 近江八幡教会側からみた全景。
c0094541_155348.jpg
 東の端の様子。
c0094541_1563869.jpg
 牧師館入り口。
c0094541_1572928.jpg
 もう一枚入り口の近傍を。
c0094541_1575632.jpg
 芙蓉の花が咲いていました。
c0094541_1582139.jpg
 窓の庇の支柱が垂直ではなく、少し斜めになっていて面白い。
c0094541_1592955.jpg
 西側前面の下部。ガラス窓に近江八幡教会が写っています。
c0094541_15102734.jpg
 芙蓉の花。
c0094541_15105195.jpg
 2階正面の切妻屋根を支える木材が露出してアクセントをつけています。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-20 15:14 | 建築

旧近江八幡YMCA会館

c0094541_11261488.jpg
 近江八幡の市街地、為心町には旧YMCA会館、近江八幡教会、牧師館の三つのヴォーリズ建築が並んでいます。この旧近江八幡YMCA会館はヴォーリズが建築家として明治40(1907)年に最初に建てた建物でしたが、現存せず、昭和初期にそのデザインをそのまま引き継いで建て替えられた物だそうです。9月に行ったときは改修中でしたが、11月末にはほぼ改修工事が終わっていました。木造二階建て。

旧近江八幡YMCA会館 1935(昭和10)年/2006(平成18)年改修
滋賀県近江八幡市為心町中
撮影 2006.9.23 & 11.25
c0094541_11354331.jpg
 9月はこのようにシートで覆われて見えませんでした。隙間から覗くと内部も改修中でした。
c0094541_11381853.jpg
 仕方がないので煙突を撮影。
c0094541_11385737.jpg
 11月末に行ってみました。ほぼ工事が終わっていました。これは北面です。新しくなって、他のサイトで紹介されているような、改修前の古さに感じる良さがなくなっているようですが、そのままの形で改修されたようなので、また時を経たら元に戻るでしょう。
c0094541_1143578.jpg
 八幡教会がわから見た西面。
c0094541_11444244.jpg
 道路側から南面を。こちらは和風。何か料亭のような意匠です。
c0094541_11463849.jpg
 南面を少しアングルを変えて。
c0094541_11474432.jpg
 牧師館側からの全景です。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-19 11:49 | 建築

近江八幡の浪川邸

c0094541_11392238.jpg
 近江八幡の土田町にあるもう一軒の建物。国道2号線県道2号線に面した和洋折衷の木造二階建です。

浪川邸
旧 浪川岩次郎邸 1923(大正12)年
滋賀県近江八幡市土田町
撮影 2006.9.23
c0094541_11433656.jpg
 大正時代の建物が今も住宅として使われていますが、門は新しい。
c0094541_11445385.jpg
 正面中央に張り出した窓。サンポーチです。
c0094541_1145562.jpg
 その下にはすぐにヴォーリズとわかる煉瓦を使った水泉があります。
c0094541_1147887.jpg
 正面左側。
c0094541_11535447.jpg
 国道から北面を見ると和風の建物。
c0094541_1148419.jpg
 柿本邸の東側の空き地から、浪川邸の南面が見えました。表より洋風です。
c0094541_1149405.jpg
 南の全景。棟続きがあって思ったより大きい建物でした。
c0094541_115036100.jpg
 もう一度、素晴らしい水泉をアップで。
c0094541_11511976.jpg
 同じくサンポーチ。この部分は垂直ではなく、やや傾いて作られているのがわかります。
[PR]
by gipsymania | 2006-12-18 11:52 | 建築