「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

遺愛学院(遺愛女子高等学校)講堂

c0094541_163469.jpg
 函館市にある遺愛学院は、私立の6年制中学校・高等学校一貫校でプロテスタントのミッションスクールです。

 重要文化財に指定されているJ・M・ガーディナー設計の遺愛学院(遺愛女子高等学校)本館(明治41)年の27年後に建てられたヴォーリズ建築事務所設計の講堂。本館と同じ薄いピンク色の下見板外壁に縦長アーチ窓が整然と並んでいます。切妻造りのほとんど装飾のないシンプルな外観です。既存の建物の持つ雰囲気を大切に踏襲しながら、ヴォーリズらしく簡素に仕上げています。登録有形文化財の木造平屋建て(一部2階建)。

遺愛学院(遺愛女子高等学校)講堂
旧遺愛女学校講堂 1935(昭和10)年
登録有形文化財
施工 : 竹中工務店
函館市杉並町23-11
撮影 : 2009.9.23
c0094541_16121345.jpg
c0094541_16123684.jpg
c0094541_1613481.jpg
 正面に簡素なポーチ。中央の大扉が両側の小扉に挟まれ、それぞれ上部にはファンライトがあります。
c0094541_16135326.jpg
c0094541_16141937.jpg
c0094541_1616353.jpg
c0094541_161666.jpg
c0094541_16163528.jpg
c0094541_16171285.jpg
 背面側は2階建の部分が。
c0094541_16175751.jpg
c0094541_16182090.jpg
 本館と連絡する渡り廊下。
c0094541_1619472.jpg
 中央奥が本館、右が講堂です。遺愛学院には重要文化財の本館、旧宣教師館(いずれも1908年築、J.M.ガーディナー設計)と登録有形文化財の謝恩館(1922年築、設計者不詳)があり、いずれも見どころの多いキャンパスでした。これらはいつになるかはわかりませんが、将来「レトロな建物を訪ねて」で紹介します。

Pe's Poem 「映画見た?」

剥離する表層の花ふぶき
崩壊する世界なんて
不思議じゃないし
という夢の中に
急に出てくるんだもの
多少は驚きます
何してた 元気
今度は
どこを見てるの
c0094541_16252850.jpg
たまには至近距離
細く青い一枚の葉っぱ
葉脈の行く末まで
しっかり見てよ
世界はそこにある
っていう映画
見た?

光という光を吸い込み
どこまでも膨らむ暗がりの
頭蓋の下にも風は流れ
少しずつ
世界は移動する
っていう映画
見た?

ふわふわゆらゆら
世界を覆う網にもかからず
素通り出来る方法教えます
ついでに
新しき連帯はうるわしい
っていう映画
見た?

消えた街の映画館で
初な少年のように
発光するくせ
めくらめっぽう
走り出すくせ
まだ治らない?

未完のストーリーなら
続けてみる
こともできる 
夢の中なら
続けてみる
こともないか
夢の中なら

何してた 元気
声だけがリアリズム
探したり探さなかったり
忘れたり思い出したり
とりとめのない墜落でもいい
目を閉じて
とつぜん消えてもいい
世界の消滅なんて
不思議じゃないし
[PR]
by gipsymania | 2009-09-28 16:29 | 建築

日夏町自治会館(日夏町民会館)

c0094541_1117357.jpg
 今年(2009年)の10月3日から11月3日にかけて開催される「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展覧in近江八幡」。私のブログに掲載した写真の使用について知り合いになった、学生実行委員会のかたのブログを見ていて、興味ある記事を発見しました。

 彦根市の日夏町というところに、ヴォーリズ設計で1935(昭和10)年築の、かつては旧日夏村役場と産業組合の合同庁舎として使われていた日夏町民会館というのがあり、取り壊しの危機から救おうと、地元の古川与志継さん(58)が所有者から買い取ったという7月31日付け中日新聞の記事がありました。

 初めて聞く建物です。近々行こうと決めていましたが、昨日は朝から快晴。爽やかな気候です。急に思い立って行ってきました。比較的大型の建物で、細部に改造の跡があり、2階の窓枠はサッシになっていますが、玄関周りや1階の窓は昔のまま。かなり老朽化していますが、残してほしい建物です。なお記事には「日夏町民会館」とありましたが、実際の表札は「日夏町自治会館」になっていました。木造2階建て。

 今年(2013年)に国の登録有形文化財に登録されました。

日夏町自治会館(日夏里館)
旧日夏村役場/産業組合合同庁舎
1934(昭和9)年
施工 : 不明
彦根市日夏町2937
撮影 : 2009.9.13
c0094541_11193758.jpg
c0094541_11194834.jpg
c0094541_1120832.jpg
 玄関周りが一番の見どころです。
c0094541_1121454.jpg
 1階の窓枠は昔のままの木製。ただ、かなり痛みが目立ちます。
c0094541_11214122.jpg
c0094541_112273.jpg
c0094541_11222036.jpg
 裏へ回ると両側に切妻のある左右対称の建物でした。右側には1階部分にあった張り出しが取り壊された跡が。
c0094541_11225870.jpg
c0094541_11231281.jpg
 窓越しに見た内部の様子。カウンターになっていて、小さな引き戸の窓口が並んでいます。こちら側が旧村役場だったようです。
c0094541_11235549.jpg
c0094541_11241396.jpg
 ヴォーリズらしい緩やかな傾斜の階段も見えました。しかし手すりに装飾はまったくありません。
c0094541_11252599.jpg
c0094541_1125536.jpg
 正面左側は農協が使っていた(いる?)らしく、改造されて張り出しが増設されています。背面が完全な左右対称なので、昔はここにも同じ形状の玄関があったのではないかと思いました。

 それにしてもまだまだ知られていないヴォーリズ建築があるとは驚きです。
[PR]
by gipsymania | 2009-09-14 11:30 | 建築