タグ:ギターノ・ファミリー ( 1 ) タグの人気記事

Gitano Family Japan Tour 2008

c0094541_15371053.jpg
 まったくの番外編ですみません。ヴォーリズやレトロな建物の趣味はもちろんですが、音楽を聴くのも大好きです。若いころからポップ、ロック、ジャズ、クラシック音楽を経て、この15年間はジプシー音楽にハマっています。ジプシー音楽にもいろいろあって、東欧のバイオリンを使うもの、スペインのフラメンコが代表的なものでしょう。私が追いかけているのは南仏のジプシールンバ(というジャンルはないでしょうが)なのです。

 私の凝りだしたら徹底的に追求する性格のため、数多くのCDや古い音源のレコードを収集して、このジャンルのファンとしては世界的に知られるようになってしまいました。ただし、このジャンルのファン数はそんなに多くはないのです。(^-^;;

 そういう趣味が高じて、仲間と協力しながら本場のミュージシャンを日本に呼んでライブをすることになりました。今年が2回目になります。昨年のライブはレストランやカフェバーを借りた、こじんまりしたものでしたが、評判がよく、今年は少し大きめの会場を使います。

 まったくの趣味の世界で非営利ですが、ミュージシャンも航空券やホテル代は自費で来てくれます。会場代が赤字にならず、少しでも彼らにお返ししたいと思います。興味のあるかたは、ぜひご来場ください。

Gitano Family のプロフィール

鬼平犯科帳のエンディングテーマ「Inspiration」やキリン淡麗のCMソング「Vorale」で有名になった Gipsy Kings は、実はスペインではなく、南フランスのジプシーグループ。哀愁に満ちた歌声や叙情的なギターは、フラメンコルンバの流れをくみながら、南フランスのアルルやモンペリエを中心とした、カマルグ地方で独自に引き継がれてきた音楽スタイルなのだ。

 その Gipsy Kings の兄弟バンドである Gitano Familyは、すでに5枚のアルバムをリリースして世界的に著名なグループである。

 リーダーの Julio Romero と現Gipsy Kings の Patchai Reyes が息子や甥達を集めて始動したバンド。しかし、Patchai は Gipsy Kings に加入したため離脱する。その後はリーダー Julio を中心としつつ Canut Amador (現 Gipsy Kings メンバーの息子)、Josephy Gautier (現 Chico & The Gypsies メンバー)ら若手のメンバーを起用し精力的に活動しており、数多くのライブをこなしている。ルンバに乗せて女性陣がしなやかなバイレを加えるステージが特徴的。メンバーの構成も流動的というか柔軟というか、ライブによって毎回違った顔ぶれになる場合もある。現在は Julio Romero を中心に、息子達、親戚、甥っ子などを交えてバンドを構成している。

来日メンバー

c0094541_15405547.jpg

Julio Romero :(リードヴォーカル、ギター)
バンドリーダーであり、よき父親。オリジナル曲はほとんど彼の作詞作曲である。
c0094541_15412545.jpg

Julio-Miguel:(ヴォーカル、リードギター)
Julio の長男。卓越したギターテクニックとハイトーンのバックヴォーカルが厚みのあるコーラスを構成する。
c0094541_15414119.jpg

Lucas-Pedro:(ヴォーカル、リードギター)
Julio の次男。彼のギターテクニックもすごい。いわゆるイケメンで女性ファンが多い。
c0094541_1541588.jpg

Little Patchai:(リードヴォーカル、ギター)
Gipsy Kings メンバーの甥っ子。Gipsy Kings の血をそのまま受け継いだ、独特の塩枯れ声と節回しで、聞く者をあっという間に、彼らの世界へ引き込む魅力的なヴォーカリスト。
c0094541_15421698.jpg

Marjory :(バイレ)
Julio の奥さんでJulio-Miguel, Lucas-Pedoroの母。魅力的な美人。バンド始動時からの花形ダンサー。彼女のフラメンコとは違ったしなやかな踊りはステージの花。

アルバム一覧

c0094541_15424621.jpg

                                   Roque Rock (1993)
c0094541_1543025.jpg

                                   Sara Sara (1996)
c0094541_15432159.jpg

                                   Torero (1996)
c0094541_15434949.jpg

                                La Fleur Gitano (2000)
c0094541_15441037.jpg

                                Religius Flamenca (2007)

ライブ日程

4月5日(土)桑名Kuwana レストランRocca
三重県桑名市太一丸22-4 (0594-27-2345)
近鉄名古屋線桑名駅から北東へ徒歩10分
http://www.rocca.tokai.walkerplus.com/
昼の部 open 12:30
    13:00~ 食事
    14:00~ ライブ
夜の部 open 17:30
    18:00~ 食事
    19:00~ ライブ
チケット前売り 9,000円(当日券もあり)
* コース料理 ドリンク別
* プログラム
  1.歌曲(名古屋音楽大学声楽科学生)
  2.Gipsy Fiesta  with ”Gitano Family”
    ゲスト;Mario&Gipsy Nico
お問い合わせ
  090-7693-5598 鈴木
  gf-jp@live.jp

4月7日(月)東京Tokyo Jazz クラブ ”JZ Brat”
渋谷区桜ヶ丘26-1 セルリアンタワー東急ホテル 2F(0120-511-350)
渋谷駅 徒歩5分
open 18:00
   19:30~20:30  GIPSY GROOVE
   20:30~20:50  ABE  KOBA (スペシャルゲスト)
   21:10~22:10  Gitano Family
チャージ
   4500円 (食事・ドリンク別)
お問い合わせ
   info@jz-brat.com
   03-5728-0168 (JZ Brat)
     
4月9日(水)京都Kyoto ライブハウス”ダブルキングカフェ”
京都東山区祇園町北側323番地 祇園会館4F (075-541-7771)
京阪四条駅より徒歩5分
http://www.kk-cafe.jp/index2.html
open 18:30
start 19:00~
チャージ:4000円/当日4500円(1ドリンク付)
お問い合わせ
  075-541-7771(KK Cafe)
  gf-jp-@livejp
  
4月11日(金)大阪Osaka ライブハウス”am Hall” 会場内禁煙
大阪市北区曽根崎2-14-17 CIビル 3F 06-6362-2001)
http://www.amhall.jp/
JR大阪駅 全線梅田駅より 徒歩4~6分
open 18:30
start 19:00~
   GIPSY GROOVE
   Gitano Family
チャージ:4000円/当日4500円(別途1ドリンク500円)
お問い合わせ
 06-6362-2001(am HALL)
 gf-jp@live.jp
 チケットピア   Pコード:286-022
 ローソンチケット Lコード:595585

フライヤー
クリックすると大きくなります。
c0094541_15503761.jpg
c0094541_15522250.jpg

[PR]
by gipsymania | 2008-03-25 15:55 | その他