タグ:レストラン・カフェ ( 6 ) タグの人気記事

再び東華菜館へ

c0094541_1664693.jpg
 久しぶりに用事があって京都へ。毎年5月になると東華菜館川床のビアガーデンがオープンします。この季節はちょっと一休みには気軽に行けるので最高。、鴨川の流れを見ながら飲むビールが楽しみなので、1年に何回かは行くことにしています。すでにこのブログでも紹介していますが、今回を含めて撮りだめがありますので、この機会に。

 他ではあまり見ない「ヴォーリズがはじけた」といわれる遊び心満載のデザインは何度来ても楽しい。

東華菜館
旧 矢尾政レストラン 1926(大正15)年
京都市下京区四条大橋西詰
撮影 : 2007.3.4, 2007.7.5 & 2009.5.10
c0094541_1681339.jpg
c0094541_1682220.jpg
c0094541_1683264.jpg
c0094541_1685041.jpg
c0094541_1685836.jpg
c0094541_1691646.jpg
c0094541_1693720.jpg
 窓ガラスに写りこんでいるのは対岸の南座。
c0094541_1610533.jpg
 
c0094541_16103379.jpg
c0094541_16122055.jpg
c0094541_16123416.jpg
c0094541_161383.jpg
c0094541_1613304.jpgc0094541_1613523.jpg
























c0094541_1614166.jpg
c0094541_16144585.jpg
c0094541_1615084.jpg
 最後は3月の写真。川床がないので半地下の部分が見えています。1枚目の写真と比べてください。

Pe’s Poem 「ゆくえもしらぬ」
  
  こもれびを
  つま先ではじいて
  足はとっくに市街を抜け
  幅だけはたっぷりとある川に沿って
  えのころ草はペンペン草c0094541_16164543.jpg
  という落胆の方角へ
  軽い咳をしながら
  少しずつ身軽になっていくのは
  いつでも跳び込める近さに
  川があり
  いつでも溺れない深さで
  川があり
  節分が過ぎていき
  立春が過ぎていき
  手荷物といえば昨年から持ち越した
  風邪ひき
  歩き続ければ海へ出る
  という思い込みと
  流れはいつも海へ続くとは限らない
  という思い込みの
  狭間で患った
  流行性感冒
  1、2週間もすれば治ります
  と言われたまま
  川に沿って
  どこへ出ようとしていたのか
  ペンペン草はえのころ草
  という落胆の仕方もあることに
  気づいて
  対岸を眺めると
  知り合いが
  白いマスクの顔で手を振っている
[PR]
by gipsymania | 2009-05-13 16:25 | 建築

近江八幡の日牟禮カフェ

c0094541_1415575.jpg
 近江八幡市の日牟禮八幡境内の一角に、お菓子のたねやが経営する日牟禮ヴィレッジがあります。その中にある日牟禮カフェは、忠田兵蔵邸として建てられたものを改修したスパニッシュ・スタイルの木造二階建。ヴォーリズ建築の原型を保ちながらいい状態に改修されていて素晴らしい。是非訪問されることをお勧めします。日牟禮ヴィレッジのHPは↓からどうぞ。
http://www.taneya.jp/himure/top.html

日牟禮カフェ
旧 忠田兵蔵邸 1936(昭和11)年/2003(平成15)年改修
滋賀県近江八幡市宮内町243日牟禮ヴィレッジ
撮影 2006.9.23
c0094541_14273287.jpg
 たねやのパンフレット。カフェには特別室が4部屋あって、手軽な値段で使えますのでヴォーリズ建築の内部を見ることができます。予約して行くのがいいでしょう。私たちは一番小さな3人部屋を予約して行きましたが、たまたま当日行った時間帯は他の部屋は空いていましたので、内部写真を気兼ねなく撮ることが出来ました。
c0094541_14334253.jpg
 西側にある門。たねや近江文庫という表札が。
c0094541_14345091.jpg
 南西の煉瓦塀は新しい。
c0094541_14362482.jpg
 南東の庭から見た日牟禮カフェ。建物の外観は改修されて、原型を留めながらも非常にきれいな状態です。
c0094541_14372737.jpg
 南から見たカフェの1階部分。
c0094541_14382923.jpg
 東から屋根を。赤瓦ですが日本瓦。
c0094541_14393917.jpg
 南の庭は一部オープンカフェです。
c0094541_1440357.jpg
 庭から。
c0094541_14412712.jpg
 南東から。
c0094541_14415886.jpg
 南東から建物の北側を見ています。
c0094541_14425256.jpg
 内部、入り口近くのロビーは一般の喫茶スペースです。
c0094541_14434098.jpg
 同じくロビーの一角にある喫茶スペース。
c0094541_14443330.jpg
 お菓子やさんですからお茶とケーキが定番。これらのケーキを全部食べたわけではありません。サンプルを見て選ぶようになっています。たねやの洋菓子ではバウムクーヘンが有名。実際食べてみましたがおいしいです。
c0094541_14462433.jpg
 1階の広めの個室。内部も当時の雰囲気がそのまま感じられるようです。
c0094541_1447916.jpg
 照明も雰囲気があります。
c0094541_145156.jpg
 アングルを変えて。
c0094541_14474118.jpg
 南に庭があるので窓から光が差し込み部屋は明るいです。
c0094541_1449395.jpg
 別の窓。
c0094541_14493014.jpg
 こちらは2階の大きな部屋。
c0094541_14502763.jpg
 もう一つ窓を。
c0094541_1452334.jpg
 1階にあった小部屋の中。ここは喫茶室ではないようです。
c0094541_14544389.jpg
 私たちの入った部屋から庭を。
c0094541_14553265.jpg
 これも1階の部屋。
c0094541_14564148.jpg
 暖炉。
c0094541_14572182.jpg
 もう一つ窓から。窓越しに庭の噴水が写っています。
c0094541_14582784.jpg
 2階の部屋にあった目隠し板。
c0094541_14585959.jpg
 1階の廊下と階段。
c0094541_14593039.jpg
 2階の個室の一つはこのような和室でした。
c0094541_1501592.jpg
 灯具も和風です。
c0094541_1505199.jpg
 再び外に出て西面の一部を。
c0094541_1513740.jpg
 煉瓦塀越しに。
c0094541_1521173.jpg
 南西から。
c0094541_1531997.jpg
 西側。
c0094541_1545288.jpg
c0094541_1553589.jpg
 裏側1階の一部。
c0094541_1562079.jpg
 2階和室から庭を。
c0094541_159381.jpg
 南西面をもう一度。
c0094541_1510138.jpg
 個室のカーテンレール。c0094541_1515104.jpg


Pe's Poem 「砂の中」
  曇った窓に一文字ひけば
  ひとしずく流れて人差し指が透き徹ってゆく
  その先に貼りついた新月
  鎌の切っ先に宙づりの寓話が見えかくれ
  「何が見える?」
  
  沈む建物 沈む街路樹 沈む・・・・
  廃虚の都市の果てに広がる砂丘
  旅人はひとり或はふたり
  どちらにしても拡散してゆくもの達のc0094541_1519638.jpg 
  粘着力を放棄した道行き
  
  足跡は崩れる砂に消え 
  前後左右の拒絶の中で
  振り返ることの意味と無意味が
  前進することの意味と無意味が
  さらさらと触れ合う

  舌の根の乾かぬうちにと
  埋もれた足を踏み出せば
  捲きあがる砂埃り
  千切れた言葉の砂嵐
  目に耳に口に侵入する
  
  膨れてゆく意識
  翳んでゆく身体
  横たわれば砂粒のひしめきに刺されて
  沈んでゆくひとり或はふたり
  連なる砂丘c0094541_1519248.jpg
  連なる砂 砂 砂
  
  砂の中から差し出された手
  窓ガラスに息を吹きかけると
  月が消えた
  振り返って応える
  
  「見えたのは闇ばかり」
  明かりの乏しい旧式電灯の下で
  交差する視線もおぼつかないわたし達
  せめて指をからめて
  寓話のつづきを
[PR]
by gipsymania | 2007-01-03 15:23 | 建築

近江八幡の日本料理佐々木

c0094541_004088.jpg
 近江八幡の池田町洋風住宅街から2筋西には2軒のヴォーリズ住宅があります。いずれも昭和初期の和風住宅です。広瀬長寿邸でしたが今は日本料理店として再生されました。木造二階建。

日本料理佐々木
旧 広瀬長寿邸 1929(昭和4)年
滋賀県近江八幡市西末町10
撮影 2006.9.23
c0094541_055980.jpg
 佐々木の看板。日本料亭になっています。残念ながら食事をする機会がありませんでしたが、次回は是非食事をして内部も見たいと思います。
c0094541_085138.jpg
 南西から。
c0094541_093368.jpg
 西が正面になりますが、玄関は向かって右。一風変わった配置です。和風住宅で、改装されているため窓もサッシになっていますが、両開き窓でちょっと純和風とは違っていたようです。
c0094541_0175363.jpg
 裏側、東から見ています。
c0094541_0132081.jpg
 北側にある、これも両開きの窓。
c0094541_013517.jpg
 門越しに。
c0094541_0141689.jpg
 まったく関係ありませんが、北側にあった古い家です。
[PR]
by gipsymania | 2007-01-01 00:14 | 建築

神戸のフロインドリーブ

c0094541_17154244.jpg
c0094541_1447191.jpg 三宮駅からフラワーロードを北上し、山手幹線の陸橋を超えてから一筋東の通りをさらに北上します。元々、神戸ユニオン教会でしたが今はドイツ菓子・ベーカリーで人気の高い店に変身しました。ゴシック様式の教会建築の代表作。

フロインドリーブ ショップ&カフェ
旧 神戸ユニオン教会 1927(昭和2)年
登録有形文化財
神戸市中央区生田町4-6-15
撮影 2006.6.10, 8.19 & 9.30


c0094541_1730882.jpg
 かっては鉄筋コンクリート3階建てゴシック様式の教会でした。
c0094541_17335542.jpg
 フロインドリーブの経営者ご夫妻がユニオン教会信徒であった縁で買い取られたとか。神戸ユニオン教会自体は灘区に移転しています。
c0094541_17365445.jpg
 エントランス周りですが、道幅が狭いので全景を写すのは無理です。
c0094541_14512057.jpg
 向かって右側は牧師館でした。
c0094541_17382585.jpg
 中へ入ると1階がショップで、カフェはこの階段を上ります。
c0094541_17403025.jpg
 階段踊り場。
c0094541_1741781.jpg
 カフェつまり礼拝堂への入り口。ドアもレトロでした。
c0094541_1742329.jpg
 中に入るとぱっと広がる明るい空間。うれしくなります。木造トラスの屋根裏が見事です。
c0094541_17443172.jpg
c0094541_14474330.jpg
 採光のよい尖頂アーチ窓。
c0094541_17453922.jpg
 振り向くと表に面した透かしで飾られた尖頂アーチの大きな飾り窓があります。
c0094541_17464655.jpg
 一番奥を撮りました。若い女性で一杯です。時間帯によっては多少の順番待ちは覚悟しておいたほうがいいかも。
c0094541_17485843.jpg
 逆光で撮った窓。
c0094541_1751126.jpg
 アップで撮りました。
c0094541_17515589.jpg
 ちなみにケーキもあればサンドイッチが豊富なので昼食にぴったりです。
c0094541_17531990.jpg
 再び階段を下りて1階へ。
c0094541_17543472.jpg
 1階のショップでは各種のクッキー、ケーキ、パンなどが並んでいました。
c0094541_1756438.jpg
 中庭がありそこへ通じる通路です。
c0094541_17565511.jpg
c0094541_14481618.jpg
 中庭から礼拝堂の南側が見渡せました。
c0094541_17581640.jpg
 中庭にある勝手口。
c0094541_1759655.jpg
 礼拝堂の南側は旧宣教師館だったところで、ここに煙突を発見。
[PR]
by gipsymania | 2006-10-03 17:43 | 建築

京都の東華菜館

c0094541_15413229.jpg
 京都四条大橋のたもと、鴨川沿いに建つ中華料理店。元々矢尾政レストランという西洋料理店だったそうです。ヴォーリズでは珍しいスペイン・バロック様式を採用しており、いたるところに微笑みたくなるような装飾がちりばめられています。

東華菜館
旧 矢尾政レストラン 1926(大正15)年
京都市下京区四条大橋西詰
撮影 2006.5.21,6.24 & 7.29
c0094541_15493790.jpg
今年の夏は3回京都の散策をしました。歩き疲れると最後にここ東華菜館で一休みというのが定番になってしまいました。夏はビアガーデンもあるのです。
c0094541_15515372.jpg
 鴨川沿いの川床からの眺めです。装飾が一杯。
c0094541_15534391.jpg
 夕暮れになると更にいい雰囲気になりました。ここでビールの大ジョッキと春巻きを食べるのが定番です。春巻きは皮が柔らかめで卵が多めに使われてる感じがしました。美味しい。お気に入りです。
c0094541_15543514.jpg
 有名なエントランスのファサード。凝ってますねぇ。教会のようなシンプルな建物とこのような過剰といえるほどの装飾の対比。とても同じ設計者の作品とは思えませんが、彼は建物の目的と立地環境に適応する柔軟な発想があるのですね。
c0094541_15551742.jpg
 中に入ってエントランスを振り向いたところ。
c0094541_15562286.jpg
 同じく入ってすぐのところに蛸がいます。
c0094541_1557259.jpg
 レトロな手動式エレベータが今も活躍中。
c0094541_15581877.jpg
 2階へ登る階段。特徴ある壁窓の装飾。
c0094541_15585981.jpg
 階段から2階を望む。
c0094541_1612882.jpg
 2階の奥にはこんな調度品がありました。
c0094541_1661797.jpg
 個室の入り口です。調度品と同じ意匠が使われています。
c0094541_1681251.jpg
 階段踊り場。
c0094541_1684384.jpg
 大きな宴会場。
c0094541_1610249.jpg
 これはまた別の宴会場です。
c0094541_16110100.jpg
 エレベータを5階で降りればそこは屋上テラスになっていて、やはりビヤガーデンでした。
c0094541_16125080.jpg
 テラスからの眺め。大きなベイス(飾り壷)がヴォーリズらしい。鴨川の向こうに見えるのはレストラン菊水のビルです。上田工務店の設計・施工、1926年完工の登録有形文化財。
c0094541_16153530.jpg
 東華菜館の個室から南座を望みます。歌舞伎場である南座も古く、1929年、。白波瀬直次郎の設計。これも登録有形文化財です。
c0094541_16185875.jpg
 テラスから短い階段を登ると一段高い屋上。ランドマークの塔には給水タンクなどが入っているとか。
c0094541_16204431.jpg
 屋上には物置のようなものがありますが、これもヴォーリズらしいデザインです。ヴォーリズは他にはレストランは手がけていないようなので、この建物に対する思い入れを感じます。素晴らしい。

Pe's Poem 「Bon Voyage」

  巨大なビルの迷路を縫って
  ネコの目かすめて駆け抜けた
c0094541_1626392.jpg  ビルの管理人は居眠りしてる
  エレベーターは停止してる
  地上14階まで行かなくちゃ
  1階・2階・3階・4階は一気に
  振り返らず 振り切って
  5階・・6階・・7階・・8階・・・
  ペースダウン 引力に負けて
  9階でひと休み
  ビルの内部はc0094541_1627068.jpg
  だれもいない
  明るい 海の底
  現れては消える砂の紋
  静かで懐かしい 光が揺れる
  だれもしらない
  ちょっと笑って goodbye
  引力圏をダッシュで脱出
  10階からはまっしぐら11 12 13
  地上14階にあるc0094541_16271541.jpg
  だれも乗らない舟
  忘れられた舟 Oh!Santa Maria
  位置を占めて櫂をとる
  きゅるきゅるきゅるるる
  思いきり大きく響け
  頭上にはガラス張りの屋根
  その向こうには大都会の夜空
  その向こうの向こうへ
  きゅるるるるるるるるるるるる
  耳の中いっぱいにインパルス
  大音響の大爆発c0094541_16273891.jpg
  ガラスが噴水のように舞い上がる
  いつのまにか
  舟は宙に飛び出した
  漕いで漕いで漕いで
  下界ではビルが壊れ 波打つドミノ
  隣の隣の隣のビルもビルもビルも壊れ
  ネコが騒ぐ ショート寸前
  街が壊れ
  ネコのチップが弾け飛ぶ
  大都会が壊れ
  音もなく沈んでゆく
  光の飛沫の間歇泉が
  いつまでもいつまでもc0094541_16275482.jpg
  終わりのない花火
  だれもしらない
  ちょっと笑って goodbye
  夜につつまれて
  夢の夢による夢のための始まり
  頭も体も心もからっぽ
  軽快警報 ピリリと利かせ
  目は前方へ これから遭うものに憧れている
  ほら いま月が落ちていった
  もう 月もいらないね
         
[PR]
by gipsymania | 2006-09-26 15:51 | 建築

京都のバザール・カフェ

c0094541_17305557.jpg

同志社大学の近くにあるバザール・カフェ。同志社ゆかりの宣教師B.F.シャイブリーの住宅でした。

バザール・カフェc0094541_17354221.jpg
旧 B.F. シャイブリー邸 1919(大正8)年
京都市上京区岡松町258
撮影 2006.5.4 & 6.24

 あるホームページの引用です。「旧シャイブリー邸を改装したこの建物は、キリスト教の牧師会館として、多くの人に開かれきた。1999年9月からは、バザール・カフェとして、木・金・土曜日の3日間、日替わりで、いろんな国のシェフたちが自国の料理に腕をふるっている。アートな人や、NPOや市民が集まってくる魅力的な空間だ。」




c0094541_17402623.jpg

 最初に行ったのは日曜日だったので扉が閉まっていました。あらかじめ存在を知らなければ普通の民家と思って通り過ぎてしまいそうです。是非、木・金・土のいずれかに行くことをお勧めします。
c0094541_1544290.jpg

 日曜日はこんな感じで普通の家ですね。
c0094541_17434166.jpg

 同志社大学から烏丸通を渡って路地を西に向かうと、ヴォーリズらしい屋根と煙突が見えてきます。
c0094541_17471872.jpg

 そしてヴォーリズの建物でよく見られる煉瓦を使った門と建物があります。山形政昭教授の「ヴォーリズの西洋館」に築当時の写真が載っていますが、現在の姿とはかなり違って見えます。東側につながった部分が取り壊されて、西側だけが残っているように見えます。また正面の窓はアルミサッシになっていて現代のニーズに合わせて、改築しながら使われてきたのでしょう。
c0094541_1758548.jpg

 中には感じのいい暖炉があります。
c0094541_17591130.jpg

 この西面の窓は当時のままのようです。
c0094541_17595678.jpg

 「留学生御一行さま」という予約席が。アジア系の学生さんが集まるようです。料理もエスニック系です。中は禁煙ですがアルコールもあります。
c0094541_180487.jpg

 庭はオープンカフェになっていて椅子や地面に座って食事をする若者で一杯でした。
c0094541_184072.jpg

 裏側(南面)はこういう感じです。
[PR]
by gipsymania | 2006-08-27 17:55 | 建築