「ほっ」と。キャンペーン

タグ:大阪 ( 21 ) タグの人気記事

再び近江岸邸へ

c0094541_1358923.jpg
  石津川の富久邸を見た後、ここまで来たら南海電車であと2駅。浜寺公園の近江岸(おうみきし)邸を再訪しました。前に訪ねたのは2006年6月ですから、ほぼ7年前のことです。前回は小雨の中の撮影。今回は快晴です。

 1934(昭和9)年の設計で翌年の完工。この頃はヴォーリズの円熟期。スパニッシュ瓦葺,切妻造の住宅で、関西では小寺邸なきあとの貴重なスパニッシュ邸宅です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

近江岸家住宅
1935(昭和10)年
有形登録文化財
施工 : 岡本工務店
堺市西区浜寺昭和町3-351
撮影 : 2013.2.10
c0094541_1413342.jpg
c0094541_14131576.jpg
c0094541_14132565.jpg
c0094541_141334100.jpg
c0094541_14134420.jpg
c0094541_14135330.jpg
c0094541_1414330.jpg
c0094541_14141335.jpg
c0094541_14142296.jpg
c0094541_14143163.jpg
c0094541_14144035.jpg
 久しぶりに見ましたが、美しい姿はそのままで、庭内の植木もよく手入れされていて、大切に使われていることがわかります。
[PR]
by gipsymania | 2013-02-18 14:15 | 建築

富久邸

c0094541_1561446.jpg
 現存しているのは数年前から知っていましたが、大阪の堺市しか場所がわからなかった建物。ネット検索をしていて Tato DESIGN という会社が賃貸の募集をしていて、去年の8月と12月に内覧会を開催したことがわかりました。過去2回とも気づいたときには終了していて、残念。今回は網を張っていたので見逃すことなく申込みました。

 ヴォーリズ作品としては数少ない純和風建築の住宅。洋館に隣接した主屋にはそれなりに和風建築はありますが、単独で現存しているのは、石橋邸滝川邸宮川邸内炭邸旧広瀬邸(いずれも近江八幡)と近江今津の前川邸 、軽井沢の福井別荘「鶴楼」くらいでしょう。

 南海電鉄石津川駅の近くにあり、周辺には同年代の地区と思われる和風住宅がいくつか残っていて、当時は海岸に近い高級住宅地であったことが伺えます。一番乗りして現オーナーの富久(とみひさ)慎太郎さんご夫妻に歓待され、くまなく内部も見せていただきました。オーナーさんの祖父が知人伝いにウォーリズに依頼されて建てられ、その後、約80年間大切に使われ続けてきた上質の住宅でした。特に内部の建具は手の込んだデザインです。

 間取は、1階がキッチン、納戸、洋室(4.5帖)、和室(8帖+6帖)の89平米、2階が洋室(6帖)、和室(6帖+8帖)の53平米の合計142平米(42.95坪)。また、大小の庭が建物の南北にあり、敷地の広さは約140坪あります。

 ヴォーリズファンとしては内覧させてもらったことと同時に、大切に保存されている図面も見せて頂いたのは貴重な体験でした。

富久邸
1933(昭和8)年
堺市西区浜寺石津町西
撮影 : 2013.2.10
c0094541_157499.jpg
c0094541_158711.jpg
c0094541_1581627.jpg
 玄関は西向き。
c0094541_1513850.jpg
c0094541_15131773.jpg
c0094541_15132534.jpg
 東側と北側からの眺め。
c0094541_15142898.jpg
c0094541_15143835.jpg
c0094541_15145091.jpg
c0094541_1515133.jpg
 1階の和室と洋室。
c0094541_15154985.jpg
c0094541_15155959.jpg
c0094541_1516895.jpg
 キッチンにある作り付けの真っ白な戸棚と食器棚。見せていただいた図面によると大丸百貨店の製品を使うように指示されていました。やはりヴォーリズは大丸との関わりが強いようです。
c0094541_15165185.jpg
 キッチンから洋室へ料理を渡すように引き戸になっています。
c0094541_15173926.jpg
c0094541_15174836.jpg
 キッチン横の浴室は改造されたそうですが、このタイルと天井は昔のまま。
c0094541_15182918.jpg
 トイレの明かり取りのガラス。
c0094541_1519691.jpg
 1階和室の縁側の右にある丸窓の明り取り。
c0094541_15195376.jpg
c0094541_1520116.jpg
c0094541_1520942.jpg
 天井は上質の板材が使われています。
c0094541_15211083.jpg

c0094541_1521416.jpg

c0094541_1524136.jpg
 印象的な階段。丸太をそのまま使った手すりは飴色に光って年代を感じます。
c0094541_15251514.jpg

 踊り場の縦長窓。
c0094541_15255674.jpg
c0094541_1526794.jpg

c0094541_15265723.jpg
 2階の洋室。
c0094541_1527249.jpg
c0094541_15273235.jpg
c0094541_15274394.jpg
 2階の和室。
c0094541_1528303.jpg
c0094541_1528398.jpg
 これらはヴォーリズではありませんが、昔のままの家具が大事にのこされています。
c0094541_15291872.jpg
c0094541_15405287.jpg
 昔のままの金具。ドアノブの上にあるのはノッカーです。
c0094541_15293057.jpg

 ヴォーリズ建築事務所のブループリントの設計図が数多く、大切に保管されています。
c0094541_15304491.jpg
 図面のタイトルは RESIDENCE FOR W. TOMIHISA ESQ HAMADERA
c0094541_15314944.jpg
 W. M. VORIES & CO. ARCHITECTS OSAKA OFFICE
c0094541_15431238.jpg
 作図は1933年7月27日、改正日付は9月15日。築年が1933年。建物の完成間近まで図面の改正を行ったことがわかります。
c0094541_15332880.jpg
2003年の朝日新聞記事。富久邸が紹介されています。今から10年前にはこの建物がヴォーリズ設計であることがわかっていたわけです。
c0094541_15341177.jpg
 最後に親切に案内くださったオーナーさんに感謝します。

 なお、公開の目的は、使わないでおくと痛むので貴重なヴォーリズ建築を残したいという思いから誰かに使ってもらいたいため。できれば建築事務所やデザイン関係の会社が借りてくれればとおっしゃっていました。Tato DESIGNに連絡すれば、公募の日以外でも見せてもらえるそうなので、興味のあるかたはどうぞ。

 またオーナーの富久慎太郎さんはFacebook で資料の紹介もされているとか。こちらも興味のある方は訪ねてみてください。
[PR]
by gipsymania | 2013-02-11 15:45 | 建築

小阪謙造 作品展2012☆

c0094541_101241.jpg

 昨年も見に行きましたが、今年も恒例の小阪謙造作品展-W.M.ヴォーリズ建築文化遺産を描く-が大阪府高槻市北園町13-30にあるアートデアート・ビュー/ART de ART View というこじんまりした庭のある民家を利用したギャラリーで開催されています。(無料 6月6日~11日)

 去年の作品展で買ったカレンダーがお気に入りだったので、今年も欲しいと思っていましたが、残念ながら売り切れ。既に来年のカレンダーを予約受付中とか。ともかくヴォーリズ建築の絵を楽しみ、絵葉書を購入しました。少なくともここ高槻市では毎年開催されるようなので楽しみです。

撮影 : 2012.6.9
c0094541_1022193.jpg
c0094541_1005264.jpg

c0094541_1034974.jpg
c0094541_1035668.jpg
c0094541_104540.jpg
c0094541_1041487.jpg
c0094541_1042270.jpg
 写真を撮ることができます。作品の一部です。
c0094541_1045843.jpg
 ガラス越しに見えるのが小阪謙造画伯。

 明日までですのでご注意ください。
[PR]
by gipsymania | 2012-06-10 10:11 | その他

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展 in 高槻

c0094541_1051365.jpg
 大阪医科大学歴史資料館開館5周年記念と大学創立85周年の節目として開催されているウィリアム・メレル・ヴォーリズ展に行ってきました。

 自宅から近いので、すでに何回も訪ねているところです。ヴォーリズ展があるというので、何か面白い本や地元高槻在住の小阪謙造(こさか けんぞう)のカレンダーが売っているかも知れないという期待を持って・・・。結局はそういうイベントはなく、パネルと遺品などの展示だけでした。

大阪医科大学歴史資料館
旧大阪医科大学別館 1930(昭和5)年
登録有形文化財
大阪府高槻市大学町2-7
撮影 2012.6.3
c0094541_10524697.jpg
c0094541_10525863.jpg
c0094541_1053470.jpg
 展示会場は3階。ヴォーリズの書「神の國」に迎えられます。いつもは近江八幡のヴォーリズ記念館にあるものです。
c0094541_10533332.jpg
 大阪医科大学はかつての姿を模型にしたもの。すべての建物がヴォーリズ建築でしたが大半は取り壊され、現在は右端にあるこの別館だけが残っています。
c0094541_10542952.jpg
 珍しいヴォーリズ建築事務所のプレート。
c0094541_1054449.jpg
c0094541_10544892.jpg
 ヴォーリズさんの遺品。おなじみの丸縁眼鏡も。
c0094541_1055326.jpg
 小阪謙造さんの絵画は数点展示されていました。これは因島の白滝山荘です。
c0094541_10555126.jpg
c0094541_1056367.jpg
c0094541_10561375.jpg
c0094541_10562378.jpg
 階段教室です。
c0094541_10585881.jpg

[PR]
by gipsymania | 2012-06-04 10:59 | 建築

大阪医科大学歴史資料館

c0094541_13252024.jpg
すでにこのブログで2回↓紹介している高槻市の大阪医科大別館。
http://gipsymania.exblog.jp/5917629/
http://gipsymania.exblog.jp/4602235

歴史資料館として今年から一般開放されました。リニューアルが終わり、開くのを待っていましたが、ウィークデイしか開いてないので行く機会がなかったのです。2月の中旬に電話で見学の申し込みをしましたが、一番見たかった講堂が工事中とのことで、工事の完了を確認して、やっと訪問しました。
 行ってみて納得。近代建築散歩「京都・大阪・神戸編」という本や資料館のホームページ
http://www.osaka-med.ac.jp/deps/trad/gaiyou.html
にでてくる階段教室(講堂)は白いコンクリートの打ちっぱなしに見え、教室にはそぐわないなと思っていたのです。この日に入ってみると、褐色の机と椅子が並んでいました。これが元の姿だったのです。2006年から始まった修復工事では、オリジナルの意匠の復原を十分配慮したそうなので、内部は新しいものの、当時の姿をよく残しているはずです。

大阪医科大学歴史資料館
旧 大阪医科大学別館 1930(昭和5)年
登録有形文化財
大阪府高槻市大学町2-7
撮影 2008.3.28
c0094541_1326453.jpg
c0094541_1326257.jpg
c0094541_13263436.jpg
c0094541_13321122.jpg
 外観は前に行った時と同じですが、窓ガラスの向こうに照明が見えて・・
c0094541_1327561.jpg
 玄関ロビーです。入場無料ですが、時々会合などに使われることがありますので、あらかじめ電話で確認して行くほうがよいです。ここで受付して、当時はなかった(でしょう)エレベータで3階に上がり、下に降りていくのが順路。
c0094541_13353721.jpg
 3階の多目的講義室。
c0094541_13375257.jpg
c0094541_1338898.jpg
 3階ホールからサロンの2連アーチ窓を。採光の良い素晴らしい眺め。
c0094541_13394754.jpg
c0094541_1340056.jpg
c0094541_13401283.jpg
c0094541_13402775.jpg
c0094541_13403883.jpg
 3階から2階へ降りる階段はホールの両側にあります。緩やかな傾斜と幅広の階段がヴォーリズらしい。
c0094541_13431343.jpg
c0094541_13432253.jpg
c0094541_13433349.jpg
c0094541_13435345.jpg
 2階の館長室には当時の古い戸棚と金庫が。
c0094541_13445951.jpg
c0094541_1345819.jpg
c0094541_13452039.jpg
 2階の館長室と展示コーナーは、講堂側がガラス張りなので、ここからも講堂を見ることができます。
c0094541_13473112.jpg
c0094541_13474312.jpg
 2階ホールから。玄関ポーチ上部ののこぎり状の装飾が見えます。
c0094541_1350136.jpg
 2階から1階へ降りる階段。ここもホールの両側に。
c0094541_1351138.jpg
c0094541_13512552.jpg
 講堂は吹き抜けの階段教室。傾斜がきつい構造です。想像するに医学部特有の設計ではないでしょうか。たまには解剖の授業があったりして、講師の手元が全員よく見えるように配慮されているのでしょう。
c0094541_13552548.jpg
c0094541_13555248.jpg
 正面にある通気口。これは最初からあったのでしょうか。
c0094541_13564770.jpg
 両サイド2階部分に鉄パイプの補強トラスがありますが、これも最初から?
c0094541_13575645.jpg
c0094541_1358758.jpg
c0094541_13581667.jpg
 階段を上って、学生の目線で見ました。きつい傾斜ですね。
c0094541_1359049.jpg
 教壇の上部に下がっている証明器具。
c0094541_13595767.jpg
c0094541_1401524.jpg
c0094541_1403254.jpg
 講堂正面2階部分の壁に貼ってあるヴォーリズの図面とスケッチ。1枚目は大学配置図。2枚目は解剖実験室(現存していない)、最後が Annex No.1、つまりこの別館です。
c0094541_1434735.jpg
 教壇の後ろに飾られている水彩画。最近の作でしょうが、誰の絵か、サインが読めません。
c0094541_145376.jpg

[PR]
by gipsymania | 2008-04-01 14:21 | 建築

大阪教会に再び

c0094541_13202222.jpg
 近くに用事があったので、再び大阪教会に行ってきました。
  幸い快晴で、すでに紹介した↓の写真とは違った色合いに見えます。
http://gipsymania.exblog.jp/4503064
  今回は外部のみですが、少しディテールを見ています。

日本基督教団 大阪教会 1922(大正11)年
登録有形文化財
大阪市西区江戸堀1-23-17
撮影 2007.11.25
c0094541_13243245.jpg
c0094541_13245968.jpg
c0094541_13252456.jpg
c0094541_13253781.jpg
 教会の外観。正面左に鐘楼とそこに入る門扉。
c0094541_1327385.jpg
 バラ窓。内部から見たところは↑のブログをどうぞ。
c0094541_13281895.jpg
c0094541_13282857.jpg
c0094541_13283913.jpg
 礼拝堂のレンガ壁にもこまやかな細工積みが施されているのがよくわかります。
c0094541_13285431.jpg
 エントランス上部の石細工。
c0094541_13421976.jpg
 門の煉瓦の飾り積み。
c0094541_1344215.jpg
 礼拝堂側面上部のアーチ窓。
c0094541_13454687.jpg
 屋根2か所に可愛い小塔。アーチ窓は煉瓦で塞いであります。
c0094541_13491820.jpg
 日曜日の11時前に着きましたので、すでに礼拝が始っていました。礼拝堂の前の通りには数人の見学者が高級カメラで撮影中。ヴォーリズファンかなと思いましたが、そのあと「山内ビル」の前でも、一人同じ人に遭遇。話はしませんでしたが趣味が同じなようで。
[PR]
by gipsymania | 2007-11-26 13:50 | 建築

大丸心斎橋店を再訪

c0094541_1882913.jpg
 久しぶりに心斎橋に行く用事があり、また大丸を訪問しました。すでにこのブログで2回紹介しています。
http://gipsymania.exblog.jp/5153459/
http://gipsymania.exblog.jp/4680254/

 今回は昼食をとる機会があって、8階のレストラン街にも行ってみました。この季節には昨年と同様にイルミネーションが始まり、一層華やかな雰囲気になります。

大丸心斎橋店 1922(大正11)年/1924(大正13)年増築 /1932(昭和7)年増築/1933(昭和8)年増築
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
撮影 2007.11.17
c0094541_18153283.jpg
c0094541_18162372.jpg
c0094541_18151432.jpg
c0094541_1816503.jpg
c0094541_1817229.jpg
c0094541_18171659.jpg
 今年はまだ御堂筋のイチョウの葉は緑です。
c0094541_18182394.jpg
c0094541_18183475.jpg
 初めて訪れた8階のレストラン街。ここもアールデコ調のデザインが取り入れられていました。
c0094541_18203224.jpg
 昼間の大丸から、イルミネーション輝く夜の景色へ。↓
c0094541_18214435.jpg
c0094541_1822176.jpg
c0094541_18222898.jpg
c0094541_18225341.jpg
c0094541_18231321.jpg
c0094541_18232962.jpg
 イルミネーションのデザインは去年と同じように見えます。
 時期的にはすこし早すぎました。銀杏の葉がしっかり残っているので、反対側の歩道からの視界はかなり遮られてしまいます。完全に落葉するクリスマス前がやはり見どころでしょう。

Pe's Poem 「まだきみは」c0094541_18302081.jpg
  

  ニゲルガカチ は
  孫子の兵法だったっけ
  君子の兵法だったっけ
  メインストリートのどまん中で
  車を乗り捨てるのは違反だよ
  スタスタ歩いて行かないでよ
  
  きみのわがままは
  突発的なわがままで
  ルールブックの隙間で眠る
  
  渋滞続きの
  代わりばえのしない季節の中で
  いつの間にか戻ってきていて
  出ていったことなんか知らん顔して
  行き先なんかどこにもなかったなんて
  そんな話しもしないで
  シートベルトを確かめたりする
  c0094541_18304637.jpg
  どこまでもつづく
  渋滞道路はぬけ道がない
  地図も要らないから
  フロントガラスは何も映さない
  ──「こんやの月もきれいだね・・・」
  流行歌を口ずさむきみは
  旅のことなどすっかり忘れることがある
  
  向こうから
  キャタピラ付きのトラクター
  きみの想像ときみの期待を
  肩すかしに透かして
  バックミラーの中に消えていく
  眠るにはまだ早すぎる
  
  ニゲルガカチだったっけ
  ニゲタラマケだったっけ
  さっきから
  まだきみは考えている
[PR]
by gipsymania | 2007-11-18 18:35 | 建築

お色直しされた大阪医科大付属看護学校

c0094541_13263114.jpg
 高槻市の大阪医科大付属看護学校は、昨年5月に訪問したときには改修工事が開始される直前でした。改修は2006年中に終わり、今年になれば歴史資料館として一般公開される予定と聞いていました。その後、確認のために2回行ってみました。しかしながら改修は終わっていましたが歴史資料館はまだオープンしていませんでした。
 昨年5月の改修前の状態は↓でどうぞ。
http://gipsymania.exblog.jp/4602235

大阪医科大学付属看護専門学校
旧 大阪医科大学 1930(昭和5)年
登録有形文化財
大阪府高槻市大学町2-7
撮影 2006.12.2 & 2007.4.14
c0094541_13355414.jpg
 外壁は新しく塗りなおされたようですが、以前の意匠そのままです。
c0094541_1338568.jpg
 エントランスは閉まっていて何の表示もなく、歴史博物館になっている様子はありません。
c0094541_13394166.jpg
 アーチ窓の下部に配された飾りタイル。
c0094541_13414821.jpg
c0094541_1345636.jpg
 南面。この日は天気がよかったので、緑の間からいい感じに見えました。
c0094541_13463656.jpg
 南面の通用口。
c0094541_13472874.jpg
 まだ開いていないので中は見れません。南面の2階の窓越しに東の窓が見えました。
c0094541_13485785.jpg
 いつ歴史博物館がオープンするか情報がありません。待つしかないですね。

以下は昨年12月に撮ったもの。改修は終わっていますが、冬の光が弱いため、沈んだ寒そうな画像になりました。
c0094541_13513498.jpg
c0094541_1352363.jpg
c0094541_13521919.jpg

[PR]
by gipsymania | 2007-04-19 13:54 | 建築

大同生命大阪本社ビル

c0094541_21271324.jpg
c0094541_2128241.jpg
 大同生命はヴォーリズ氏の妻の満喜子夫人の兄が社長だったことから、この本社ビルが建てられました。大正末期にあって当時屈指の近代的なオフィスビルとしてランドマークになっていました。ヴォーリズは本社ビルに続き各地の支店を次々と手がけましたが、残念ながら現存しているものはありません。
 新ビルは旧ビルの跡地に1993(平成5)年に誕生。近代的な外見ですが、呪医所に旧ビルのデザインが取り入れられています。新ビルは一粒社ヴォーリズ建築事務所と日建設計の共同設計です。
 新ビルの周りには旧ビルで使われていたテラコッタがモニュメントとして残されています。

 なお、右の写真は太郎(「窓の図鑑」管理人)のサイトから拝借しました。(2011.1.27追記)

大同生命大阪本社ビル 1993(平成5)年
大阪都市建築景観賞受賞
旧ビルのテラコッタ 1925(大正14)年
大阪市西区江戸堀1-2-1
撮影 2006.5.26, 10.15 & 2007.1.14

c0094541_21435715.jpg
 旧ビルの最上階にあったテラコッタ(建築に使われる大型、装飾的、立体的なタイルや焼き物の総称)が南西の位置に飾られています。
c0094541_2146973.jpg
c0094541_21463029.jpg
 アップで見ています。
c0094541_2147232.jpg
 これは屋上にあったテラコッタ。地上に数個ありました。
c0094541_2148261.jpg
 西側の窓の下部にも類似のテラコッタが使われています。
c0094541_21484923.jpg 


 なかなか近くでは上部は見にくいのですが、望遠で撮ったら旧ビルと同じデザインであるのが分かります。
 テラコッタ部分の下の窓のアーチ型もよく似ています。






c0094541_21512524.jpg
 新ビルはこのように下部が細くなる独創的なデザインです。斬新ですが人によっては不安定な感覚を覚えることもあるでしょう。
c0094541_21541757.jpg
 柱の上部に傘のような絞り。
c0094541_21559100.jpg
 窓に映る青空と向かいの景色が美しい。
c0094541_2156461.jpg
 下部を絞って通路を確保しているんですね。日本ではあまり見ませんが、中近東のドバイやアブダビの高層ビルは、ここまで極端ではありませんが上部を張り出させて、一階部分は通路としているのが、逆に一般的です。
c0094541_21582477.jpg
 西にある女性像。c0094541_21594468.jpg 





新ビルの中も素敵に見えます。


















 東側にある大同生命東館も面白いです。
c0094541_2204198.jpg
c0094541_22224.jpg
c0094541_2221988.jpg

 東館の窓に映った本館。
[PR]
by gipsymania | 2007-02-01 22:09 | 建築

日本フリーメソジスト教団 大阪日本橋キリスト教会

c0094541_9552044.jpg
 少し番外編になります。大阪の電気街で有名な日本橋の一角にある教会。大正末期に建てられた教会で、設計者や施工主は不明ですが、平成13年に一粒社ヴォーリズ建築事務所が保存修理を行いました。登録有形文化財に指定された鉄筋コンクリート造三階建。

日本フリーメソジスト教団 大阪日本橋キリスト教会 1925(大正15)年/2001(平成13)年改修
登録有形文化財
大阪市中央区日本橋1-20-4
撮影 2006.6.17
c0094541_1032345.jpg
 登録有形文化財と施工時期を示すプレート。
c0094541_1044175.jpg
 この教会も左右と背面は隣接する建物が近すぎて東側正面からのアングルしかありません。
c0094541_10144070.jpg
 印象的な5連の尖塔アーチ窓。
c0094541_1061649.jpg
 正面左右にある丸窓のアップ。
c0094541_1064736.jpg
 エントランスの上部。
c0094541_1071936.jpg
 東面を下から。
c0094541_1075721.jpg
 この日は土曜日で結婚式をやっていました。
[PR]
by gipsymania | 2007-01-30 10:16 | 建築