「ほっ」と。キャンペーン

タグ:教会 ( 68 ) タグの人気記事

再び京都御幸町教会へ

c0094541_10315595.jpg
 京都の御幸町(ごこうまち)にある大正初期の古い教会。前回訪ねたのはもう8年近く前になります。今回は内覧ができるということで、よみうり文化センター主催の「京都の近代建築を訪ねる」という催しに参加しました。

 煉瓦造りで尖塔アーチ窓が並ぶゴシック様式の教会堂です。同じ煉瓦造りで、最も古いヴォーリズ建築として残っていた福島教会(明治42年築)が、残念ながら東日本大震災で倒壊したため、現存する最も古い教会になりました。

 ちなみに現存するヴォーリズ建築で、もっと古いものは、近江八幡の吉田邸ウォーターハウス邸、同じ京都では京都帝大学生YMCA地塩寮京都府立医大学生YMCA橘井寮(いずれも大正2年築)があります。

 また今年は耐震補強工事が完了し、5月25日は100周年に当たり、記念の催しが営まれたそうです。京都市指定文化財の煉瓦造り、平屋建て。

日本基督教団 京都御幸町教会
旧日本メソジスト京都中央基督教会
1914(大正3)年
京都市指定文化財
京都市中京区御幸町通二条下ル山本町434
撮影 2014.6.4
c0094541_10352647.jpg
c0094541_10353615.jpg
c0094541_10354959.jpg
c0094541_10355970.jpg
c0094541_103698.jpg
 正面のエントランス前は石畳。
c0094541_1036489.jpg
c0094541_10365725.jpg
 聖壇前にあるのは「恵みの座」。ひざまずいて祈るための木製ベンチで珍しいとか。そういえば私自身も多分初めて見ました。
c0094541_10415288.jpg
c0094541_1042111.jpg
c0094541_10421040.jpg
c0094541_10422147.jpg
c0094541_10423140.jpg
 耐震工事で取り換えも検討された木の床は、手間はかかったが昔のままの材料で組みなおしたそうです。
c0094541_1044436.jpg
 巨大な上げ下げ扉の説明をされている難波牧師。住宅の小型の上げ下げ窓は珍しくありませんが、さすがにこのサイズは初めて見ました。柱に滑車と錘(おもり)が内臓されているわけです。
c0094541_104831100.jpg
c0094541_10484119.jpg
c0094541_10485144.jpg
c0094541_1049387.jpg
 中二階へ。
c0094541_10495112.jpg
c0094541_1050181.jpg
 屋根を支える構造は単純なトラスです。思ったより木材のサイズが細いと感じました。
c0094541_10501552.jpg
c0094541_105026100.jpg
 今年の5月25日は100周年。記念のフラッグです。
c0094541_10512862.jpg
 お土産に頂いた100周年記念史です。
[PR]
by gipsymania | 2014-06-06 11:01 | 建築

軽井沢ユニオン教会

c0094541_1532291.jpg
 久々のアップです。

 7年ぶりに軽井沢へ行く機会がありました。大阪発のクラシックホテルを巡るバスツアーに参加。最初の日が軽井沢の万平ホテルに泊ったのです。

 軽井沢では夕方に着き、朝出発の過密スケジュール。周辺を見る時間が限られていたので、ホテル近くの建物を少し見ただけです。

 まずは軽井沢ユニオン教会。7年前は閉まっていましたが、今回は夕刻とはいえ、ドアが解放されていました。明かりの灯った十字架が印象的で、内部も照明が点っていて、思わぬ行幸でした。

軽井沢ユニオン教会
1906(明治39)年
長野県北佐久郡軽井沢町旧道
撮影 2013.10.7
c0094541_15332590.jpg
c0094541_15333576.jpg
c0094541_15335273.jpg
 日が陰って薄暗くなりつつあります。
c0094541_15343543.jpg
c0094541_15344586.jpg
c0094541_15345738.jpg
c0094541_1535668.jpg
c0094541_15351629.jpg
c0094541_15353335.jpg
 プロテスタント教会らしく装飾はありませんが、高い天井を細めの木製の梁と柱で支えています。
c0094541_15354161.jpg
c0094541_15354958.jpg
c0094541_15355836.jpg
c0094541_1536676.jpg
 入口横の階段をあがると・・・
c0094541_15364056.jpg

c0094541_15364896.jpg
 会堂を見下ろす小さな小部屋がありました。 
c0094541_15374232.jpg
 最近は常に開放されていると思われます。軽井沢は新発見はありませんが、あと数軒見てきたので、徐々にアップします。
[PR]
by gipsymania | 2013-10-15 15:43 | 建築

慶應義塾大学キリスト教青年会館(YMCAチャペル)

c0094541_13223998.jpg
 横浜の港北区役所が主催する「港北OPEN! HERITAGE」という一般公開が、1012年12月8日に催され、その中にヴォーリズ設計の慶應のYMCAチャペルが含まれているのをネット情報で知り、観光を兼ねて横浜に行きました。

 慶應義塾日吉キャンパスの南の端にひっそりと建つ小さなチャペル。解説書によると慶應義塾基督教青年会の創立者の一人だった、元大丸社長の里見淳吉氏らの寄付によって1937(昭和12)年6月に着工し、10月に竣工・献堂式が行われたとあります。大丸との関係が深く、自身がYMCAの活動に熱心だったことが、この建物の設計をするきっかけであったことは間違いないでしょう。慶應は基督教大学ではないので、チャペルがあるのは例がないそうです。

 教会堂はいたって小ぶりでシンプル。外壁は白いモルタル仕上げ、対照的な赤い鉄板葺きの屋根に十字架を立てた尖塔が特徴です。内部も装飾のない簡素な設計で、教壇のある会堂と入口背後にある会員の部屋の二部屋になっていました。屋根の支え構造もシンプルなトラス梁。外観はほぼ創建時の状態を保っているそうです。横浜市内に現存するヴォーリズ建築は、これと横浜共立学園本校舎のみです。横浜市登録歴史的建造物の木造平屋建て。

慶應義塾大学キリスト教青年会館(YMCAチャペル)
1937(昭和12)年
横浜市登録歴史的建造物
横浜市港北区日吉4-1-2
撮影 : 2012.12.8
c0094541_1328345.jpg
c0094541_13284563.jpg
c0094541_13285758.jpg
c0094541_1329619.jpg
c0094541_13291585.jpg
c0094541_13292490.jpg
c0094541_13293393.jpg
c0094541_1329423.jpg
c0094541_13295042.jpg
c0094541_13295960.jpg
c0094541_13301881.jpg
c0094541_13302791.jpg
c0094541_1330367.jpg
c0094541_13304699.jpg
c0094541_13305855.jpg
c0094541_1331741.jpg
 正面からはイチョウの木の影になって見えませんが、反対側に廻ると尖塔と赤い屋根がよく見えます。
c0094541_13313839.jpg
c0094541_13315040.jpg
 日吉駅からすぐに校門。緩やかな坂にある美しいイチョウ並木の紅葉は、見頃を少し過ぎたようで、落ち葉が道に舞っていました。
[PR]
by gipsymania | 2012-12-10 13:34 | 建築

日本福音ルーテル復活教会と日本基督教団近江金田教会礼拝堂が国の登録有形文化財へ

 文化庁は今年の4月20日に新たに166件を登録有形文化財に登録することを文部科学大臣に答申

 その中にヴォーリズの教会建築が2件登録されることになりました。新たに登録されるのは名古屋市の日本福音ルーテル復活教会と近江八幡市の日本基督教団近江金田教会礼拝堂で、いずれも戦後の建物です。

 これで国の登録有形文化財に登録されたヴォーリズ建築は、ほぼ50件になりました。一部、室谷邸や日本基督教団福島教会という古い登録物件が消えていく中で、うれしいニュースでした。(2012.6.18)

 二つの教会の他の写真は↓の下線部をクリックすると見ることができます。

c0094541_1124307.jpg

日本福音 ルーテル復活教会
旧復活ルーテル教会 1953(昭和28)年
登録有形文化財
愛知県名古屋市東区徳川町2303
撮影 2007.1.26
c0094541_11254199.jpg

日本基督教団近江金田教会 1950(昭和25)年
登録有形文化財
滋賀県近江八幡市鷹飼町1575
撮影 2006.9.23 & 24
[PR]
by gipsymania | 2012-06-18 11:28 | 建築

八幡バプテスト教会

c0094541_131444.jpg
 なかなか行けなかったところですが、福岡への帰省のついでにJR黒崎駅から南に下がったところにある八幡(やはた)バプテスト教会に立ち寄ってきました。
 
 福岡県にはバプテスト系の西南学院があるせいか、バプテスト東福岡教会日本バプテスト福岡基督教会西南学院バプテスト教会(解体)などの戦後の礼拝堂がありますが、これもその一つ。

 ヴォーリズ建築事務所が手掛けた戦後の教会建築。例にもれずシンプルな礼拝堂ですが、多くの木造教会で見られる吹き付けのスタッコ壁ばかりではなく、ここでは妻面や入口の重厚な木製ドアなど木の存在感を強調した意匠を採用していて特徴になっています。木造平屋(一部2階)建て。

八幡バプテスト教会
1955(昭和30)年
北九州市八幡西区岡田町2-14
撮影 : 2012.5.20
c0094541_13163123.jpg
c0094541_13164065.jpg
c0094541_13164612.jpg
c0094541_13165289.jpg
 かなり奥行きのある礼拝堂です。
c0094541_13172124.jpg
c0094541_13172565.jpg
 聖檀の裏側は居住区のようです。
c0094541_1318266.jpg
c0094541_13181391.jpg
c0094541_13182317.jpg
 正面中央の窓は木の質感を強調しています。
c0094541_13194356.jpg
 分厚い木製ドア。多分中空になっているのでしょう、リベットが打ってあります。
c0094541_13201349.jpg
c0094541_13202144.jpg
 ロビーと礼拝堂の間にあるドアのガラスは色ガラスなので、ガラス越しに撮ったらこんな色です。
c0094541_1321146.jpg
 礼拝の開始前に内部を見せてもらいました。
c0094541_13213635.jpg
 許可をもらって2階へ。正面のガラス窓を中から見ています。
c0094541_13215899.jpg
 こちらは側面の窓。
c0094541_13224964.jpg
 隣接する銀星幼稚園の鐘楼ですが、鐘はないようです。
c0094541_1324862.jpg

[PR]
by gipsymania | 2012-05-21 13:25 | 建築

大島青松園礼拝堂

c0094541_13555573.jpg
 久しぶりのアップです。
ヴォーリズの建築リストに大島療養所礼拝堂というのがあるのは知っていましたが、まさか現存しているとは思っても見ませんでした。sunshine-works さんの「近代建築Watch」というブログに写真があるのを発見し、行く機会を待っていたわけです。今年のGitano Family Japan Tour の最終日は四国の高松でした。またとない機会なので、翌日大島青松園の礼拝堂を見に行きました。

 昭和10年ころのヴォーリズの教会建築としては、今津キリスト教会博愛社礼拝堂(聖贖主教会)救世軍京都会堂がありますが、この礼拝堂は特に簡素なプロテスタント教会で、改修されつつ使い続けられているようです。

 特徴的には礼拝堂の入口に対面する位置に立つ鐘楼。この周辺と入口の庇の形状はヴォーリズにはあまり見ないデザインで、F.L.ライトを思わせる幾何学的でモダンな印象です。

 内部はいたってシンプル。天井の小屋組みはかなり特殊で、ハンマービームのような両側の垂木を水平に張られたワイヤーで引っ張っているように見えます。珍しい構造です。木造平屋建て。

大島青松園礼拝堂
旧大島療養所礼拝堂
1935(昭和10)年
高松市庵治町大島6034-1
撮影 : 2011.11.26
c0094541_13582229.jpg
c0094541_13583031.jpg
c0094541_13583971.jpg
c0094541_13584727.jpg
c0094541_13585560.jpg
 F.L.ライトの建築を思い出します。
c0094541_13595425.jpg
c0094541_1401073.jpg
 何かわからなかった四角い塔はやはり鐘楼でした。鐘を鳴らす紐が下がっています。
c0094541_1414955.jpg
c0094541_141576.jpg
c0094541_1421148.jpg
c0094541_1424095.jpg
 垂木を引っ張っているワイヤ(鉄棒?)が写っています。
c0094541_1435265.jpg
c0094541_144236.jpg
c0094541_1441114.jpg
c0094541_1442245.jpg

大島青松園とは

高松港から船でおよそ20分沖合いの大島にある「国立療養所大島青松園」はハンセン病の療養施設です。全国5か所に置かれた最初の国立ハンセン病療養施設の一つとして明治42年に開設されたもの。有効な治療法が確立されていなかった当時は、実質的に隔離を目的とした施設だったため、園全体が小さな独立した町となっていて、売店・食堂・郵便局・公園・宗教施設・会館・外来者用宿泊施設などが完備されています。園の北側に各種様々な宗教の礼拝施設が並ぶ地域があり、この礼拝堂もその一角にあります。現在も入所者がいて、施設の運営や船の運航はすべて国が行っています。
c0094541_146656.jpg
 9:10発の船に乗るため高松港の客船乗り場へ。待合所に大島青松園の高松事務所があったので、乗船の手続きを・・・と思ったら「乗船を希望する方は、事務所へ申し込んでください」という張り紙が見えるが、閉まっていました。よく見ると別の張り紙に「只今留守にしています。船便をご利用の方は、桟橋へお越しください」とありました。帰路も同じ状態でしたから、ここには常駐者はいないと思われます。
c0094541_1463864.jpg
 第1浮桟橋が大島往きの船着き場。ここで船長らしい人に聞くと、目的とか知人が島にいるかと聞かれました。単なる見学と言うと、島に電話をかけて確認していましたが、結果OK。向こうで手続きすることに。
c0094541_1471733.jpg
 島に着き管理棟に行って見学の手続きをしました。氏名と住所などを台帳に記入するだけでした。土曜日だからでしょうか、係員は一人。教会に行きたいので場所を聞きましたが、良くわからないと・・・??ともあれ宗教地区に行けばいいらしいです。ここで見学者用のパンフレットを頂きました。
c0094541_1472675.jpg
 園内はゆったりとして緑が多く、住居や施設の建物が並んでいます。喫茶店もありましたが、閉まっていました。礼拝堂以外に興味がないので、1時間見て廻って10:30の船で高松へ戻りました。
c0094541_1491099.jpg
 連絡船は高松と庵治の2か所から出航し、それぞれ1日4往復あるので、結構便利です。また国営なので運賃は無料です。
[PR]
by gipsymania | 2011-11-29 14:13 | 建築

昭和時代の福岡社家町教会

c0094541_124738100.jpg
 1年前に内部を見ることができた日本基督教団福岡社家町教会。このブログを見ていただいた関係者の方から貴重な古い写真をいただきました。25年くらい前の白黒写真です。見てもらったらわかりますが、最近の状態とまったく変わっておらず、建物や備品類は手を加えることもなく、大切に使い続けられているのがわかります。

日本基督教団福岡社家町教会 1929(昭和4)年
福岡市博多区冷泉町6-7
撮影 : 昭和末期
c0094541_12481596.jpg
c0094541_12482551.jpg
c0094541_12483538.jpg
c0094541_12485068.jpg
c0094541_1249079.jpg
c0094541_12491015.jpg
教会の模型です。手前の和風の住宅が牧師館。
[PR]
by gipsymania | 2011-03-13 12:53 | 建築

お色直しした救世軍京都小隊

c0094541_14203359.jpg
 4年前に訪れて以来です。改修されたというニュースは知っていましたので、ついでもあって見に行きました。礼拝堂のファサードは昔のままの形で残っていて、モルタルの塗り直しがされたようです。一方、左に付帯している建物は1階部分が車庫になっていました。木造1/2階建て。

救世軍京都小隊
1935(昭和10)年
京都市下京区徳正寺町37
撮影 2010.12.12
c0094541_1421405.jpg
c0094541_14214865.jpg
c0094541_14215518.jpg
 これまでが今の姿。
c0094541_1422265.jpg
 これが4年前。外壁の汚れがレトロ感をだしていました。左側に車庫はありません。
[PR]
by gipsymania | 2010-12-20 14:24 | 建築

日本基督教団福岡社家町教会

c0094541_11304915.jpg
 3年半ぶりの訪問です。正月を避けて福岡へ帰省しました。国の登録有形文化財の旅館鹿島本館を見に行ったついでに、すぐ近くにある福岡社家町教会に立ち寄りました。前回は門の間からやっと、奥の玄関が見えたくらいで、私にとっては神秘的な印象が残っています。

 午後1時を過ぎたころ。日曜なので礼拝があったとしても、遅すぎると思い、期待はしていませんでした。ところが門の鉄扉が開いていて、最後の信者さんたちが出てこられるところでした。近づくと玄関に牧師さんがいらっしゃったので、お願いしたら快く内部も見せて頂くことができました。

 お話も伺いました。この教会は昔のまま、ほとんど手が加えられていないそうです。小さな礼拝堂ですが、簡素でヴォーリズらしい空間が期待を裏切りませんでした。

日本基督教団福岡社家町教会 1929(昭和4)年
福岡市博多区冷泉町6-7
撮影 : 2010.1.10
c0094541_11321441.jpg
c0094541_11323066.jpg
c0094541_113249100.jpg
c0094541_1133677.jpg
c0094541_11333168.jpg
 簡素ながら歴史を感じる聖壇。
c0094541_11341040.jpg
 美しい天井トラスは木造。
c0094541_1134599.jpg
c0094541_11351799.jpg
c0094541_11353989.jpg
 前回は外からしか見れなかった、アーチ窓から光が差し込んで。
c0094541_11364389.jpg
 整然と並ぶ角に丸みをもたせた長椅子は1枚板が使われています。
c0094541_11373411.jpg
 小さな礼拝堂ですが、昭和4年といえば、神戸女学院の設計を行っていたころにあたり、いわばヴォーリズ建築事務所の最盛期。さすがに質の高い仕事をしています。
c0094541_11433834.jpg

Pe's Poem 「玄冬へ」


野に出れば 朝日の影

長く指を伸ばし 草の根を探る

一夜の夢築いた霜の柱は

硝子の破片撒き散らし 一面に乱反射

燃え上がり陽炎う 光と闇の瞬時の交叉に

弾ける幻の火花

身にうつし 露に鎮めて

歩き始める

玄冬(ふゆ)へ
[PR]
by gipsymania | 2010-01-15 11:44 | 建築

日本基督教団八幡浜教会

c0094541_11214212.jpg
 ヴォーリズ建築の探索は簡単に行けるところは行きつくしてしまい、残っているのは遠方ばかりになっています。今回、四国旅行を思い立った時から行ってみたかったところです。実はヴォーリズ建築リストに掲載されていないので、ヴォーリズ建築かどうかは確信があるわけではないのですが、いろいろなネット情報ではヴォーリズの設計となっているので、間違いはないと思います。

 実際の建物もあまりヴォーリズの特徴を感じさせない外観で、窓枠がサッシになっていました。しかしゴシック風のファサードは神戸のフロインドリーブ(旧神戸ユニオン教会)を思い出させます。また築年は昭和6年という情報もありますが、ここでは7年に。木造2階建て、一部3階。

日本基督教団八幡浜教会 1932(昭和7)年
施工 : 松浦建設
愛媛県八幡浜市本町70
撮影 : 2008.3.21 & 3.22
c0094541_1123185.jpg
c0094541_11214951.jpg
c0094541_11232070.jpg
c0094541_11233189.jpg
c0094541_1122161.jpg
c0094541_1122255.jpg
c0094541_1124180.jpg
c0094541_11241382.jpg
c0094541_11242798.jpg
 ファサード以外は装飾の少ない教会で、背面から見た外観は倉庫のようにも見える、荒削りな意匠でした。
[PR]
by gipsymania | 2009-03-25 11:27 | 建築