タグ:書籍 ( 23 ) タグの人気記事

ヴォーリズ関連の書籍紹介~Agora 2014年12月号

 JALの雑誌、Arora の12月号に東華菜館が紹介されています。
このブログでも2回にわたり紹介しました↓↓が、さすがにプロの写真です。私が見れなかったところも含めて美しい写真です。
http://gipsymania.exblog.jp/4626648/
http://gipsymania.exblog.jp/11529459
c0094541_1643279.jpg
c0094541_1645949.jpg
c0094541_1651470.jpg
c0094541_1654587.jpg

[PR]
by gipsymania | 2014-12-08 16:08 | その他

AGORA - 旧朝吹山荘

c0094541_21462043.jpg
 最近紹介したばかりの軽井沢にある旧朝吹山荘「睡鳩荘」がJALのAGOLA最新判7月号に掲載されています。
c0094541_21523054.jpg

[PR]
by gipsymania | 2011-07-03 21:53 | 建築

ヴォーリズ関連の書籍紹介~軽井沢ヴィネット 2010 春

c0094541_1431338.jpg 






 3年前、軽井沢に行った時に買った軽井沢ヴィネットを紹介しましたが、今回は今年の春号です。ずいぶん前に購入していたのですが、アップをさぼっているうちに夏になってしまいました、

 この号の注目点は福井邸「鶴楼」です。ネットで素晴らしい近代建築の紹介を続けている INAX REPORT の No. 179 でヴォーリズ特集があります。そこにあるPDFファイルの主な作品リストに今まで知らなかった2軒の建物がありました。そのうちのひとつが、リストで岸本山荘(1941)と紹介されているもので、それがこの福井邸だったのです。

ちなみにINAX REPORT の記事は素晴らしいので、ヴォーリズファンの方は是非ダウンロードすることをお勧めします。









c0094541_1464644.jpg
c0094541_1465871.jpg
 「誌上、初公開のヴォーリズ建築」とあります。何しろ存在も知りませんでしたので驚きです。軽井沢のヴォーリズ別荘ではおなじみの石積みの煙突が鶴の形に似ていたので「鶴楼」と呼ばれているそうです。

 記事によると、現在のオーナーの母方の祖父が岸本広吉氏で、その時代にヴォーリズに設計を依頼して建てられたので、リストで岸本山荘になっているわけです。内部の様子からもヴォーリズの居住性の良さを配慮した設計を十分感じることができ、やはり第一級の作品のようです。

 個人の別荘ですから、詳しい住所はわかりませんが、外観を覚えて、軽井沢の森の中を歩いていたら、ひょっこり遭遇しそうな気がします。
c0094541_14182512.jpg
c0094541_14183618.jpg
もうひとつヴォーリズ関連の記事。一粒社ヴォーリズ建築事務所の中山睦幸さんの「軽井沢スタイルの家」。旧鈴木歯科診療所と軽井沢集会所の写真はさておき、右側の別荘(これ自体は最近の築)の下に、この別荘のすぐ横に1932年のヴォーリズ作の「ハミルトンサマーハウス」が残っているという気になる記事があります。確かに私が持っているリストに「ハミルトン・コテージ」がありますが、これも現存していたのか・・・軽井沢はまだまだ奥が深い。
[PR]
by gipsymania | 2010-07-17 14:33 | 建築

ヴォーリズ関連の書籍紹介~芸術新潮

c0094541_15205097.jpg 2009年6月号にヴォーリズ特集が掲載されています。出てくる写真は有名な建築が多い中で、近江八幡のダブルハウスの内部写真があるのが貴重です。このブログで紹介した佐藤邸諸川邸は現在所有者が変わり、武藤邸と榎本邸になっているそうです。確かにヴォーリズの住宅、素晴らしいです。

 もう一つ貴重な記事は、建築マップ。近江八幡のほかに、近畿一円のマップがあり、この中に大阪堺市の富久邸(1933年)が出てきます。実は、これより前にネットにあるINAX Report 179 のヴォーリズ特集の作品リストで、現存の建物で、知らなかったものが2軒ありました。ひとつはこの富久邸。各種の書籍やネットの情報には見あたりませんが、現存しているのは間違いないようです。

 INAX Report にもう一つあったのが、長野の岸本山荘(1941年)。これも初めて知りましたが、これについては次回、紹介します。ちなみにこのINAX Report はヴォーリズファンには貴重なもので、pdf ファイルをDLできますので、お勧めします。





c0094541_15232479.jpg
 左は神戸女学院図書館、右がダブルハウスの居間。素晴らしい。
c0094541_15235388.jpg
 左の小さな写真は神戸のフロインドリーブ本店内部、右は神戸女学院の中庭と講堂。
c0094541_15241968.jpg
 左は京都の東華菜館、右は大丸心斎橋店。
c0094541_15244431.jpg
 左が近江八幡の建築マップ、右の小さな写真は近江八幡の前田邸と前田さん。
c0094541_15251826.jpg
 両方ともダブルハウスの内部写真。
c0094541_15255038.jpg
 左が近畿一円の建築マップ。右にはダブルハウスと近江八幡池田町ヴォーリズ建築群の古い写真。
 この芸術新潮はバックナンバーでまだ入手可能と思います。
[PR]
by gipsymania | 2010-06-01 15:27 | 建築

ヴォーリズ関連の書籍紹介~Agora

c0094541_17244749.jpg



少しアップが遅れましたが、JALの会員向け月刊誌「Agora」の2010年2月号に京都の駒井邸が紹介されています。

金曜日と土曜日には内覧ができます。前に紹介した駒井邸の写真は↓からどうぞ。

http://gipsymania.exblog.jp/6470580/
http://gipsymania.exblog.jp/6492987/
















c0094541_17211385.jpg
c0094541_1721344.jpg

[PR]
by gipsymania | 2010-03-02 17:26 | 建築

ヴォーリズ関連の書籍紹介~ヴォーリズ建築の100年―恵みの居場所をつくる

c0094541_1315578.jpg 


 前回紹介した滋賀県立近代美術館で開催されている「信・望・愛―理想の居場所をつくる ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展」で売っていた本。今年2月に発行された新刊です。
 
 会場に展示されている多くのパネルを、ほぼ完全に収録しています。カラー写真を多用した建築作品の紹介とともに、読み物やデータも豊富です。収録されている写真には、普段刊行物やネット上でも見られない貴重なものが多々あってうれしくなります。

 総合的にヴォーリズを知るには最もお勧めできる書籍ではないでしょうか。もちろん会場だけではなく、大きな書店では扱っているはずですし、Amazon でも購入可能です。

2008年2月初版発行
著者 山形政昭
出版社 創元社
大型本: 172ページ
定価 2625円

 ネットや書籍でもほとんど見かけない韓国の作品。↓
c0094541_13254335.jpg
 右のページ。啓聖高等学校と安東教会。
c0094541_13273262.jpg
 梨花女子大学校。

 次は私が初めて見た、個人の住宅内部写真。↓
c0094541_1328446.jpg
 神戸市東灘区の小寺邸。
c0094541_13291393.jpg
 右のページ。堺市の近江岸邸。
c0094541_13294252.jpg
 右のページ。大阪市住吉区の遠藤邸。

 いずれも実物を見たくなるヴォーリズらしい建物です。
[PR]
by gipsymania | 2008-03-12 13:37

ヴォーリズ関連の書籍紹介~男の隠れ家 2003年6月号

c0094541_16101917.jpg
雑誌 : 男の隠れ家 2003年6月号「日本の近代化遺産」

 以前からこの雑誌の存在はネット情報で知っていましたが、なにしろ昔の雑誌ですので、バックナンバーも存在せず、ほぼ諦めていたものです。ところが、つい最近オークションで見つけて、即刻買いました。
 身近な異空間「日本の近代化遺産」特集号で、その中に「ヴォーリズが残した建築」があります。見事な写真とともにヴォーリズ建築が紹介されています。

・近江八幡・ヴォーリズ紀行~ヴォーリズ記念病院~ヴォーリズ記念館~旧八幡郵便局
・大丸 大阪心斎橋店
・明治学院礼拝堂
・関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス
・山の上ホテル
・マッケンジー邸
 
と、このブログで紹介したものばかりですが、プロの写真はさすがにうまいです。

発行人 : 嘉藤慎哉
発行 : 株式会社あいであ・らいふ
全 130ページ
定価 :680円



c0094541_1621503.jpg
c0094541_162264.jpg
c0094541_16221993.jpg

 ヴォーリズ建築以外の記事も全国の近代化遺産や街角のレトロな空間が満載で、見ごたえ・読みごたえがあります。

 
[PR]
by gipsymania | 2008-02-23 16:39

ヴォーリズ関連の書籍紹介~Agora

c0094541_9584365.jpg

 ヴォーリズ関連の書籍紹介の最終回です。

 JALの会員向け月刊誌「Agora」の2006年5月号に因島のペンション「白滝山荘」(旧ファーナム邸)が掲載されています。


















c0094541_1015225.jpg
c0094541_1021456.jpg
 ヴォーリズの住宅の内部をゆっくり堪能できるアットホームなペンション「白滝山荘」。是非行ってみてください。
[PR]
by gipsymania | 2007-06-28 10:05 | その他

ヴォーリズ関連の書籍紹介~軽井沢ヴィネット

c0094541_10314782.jpg 


既に軽井沢シーリズで紹介した雑誌ですが、もう一度。近江兄弟社寮、青葉幼稚園山荘、ヴォーリズ山荘などがあるヴォーリズレーンと呼ばれる旧軽井沢の小道と、片岡邸が紹介されています。

季刊誌「軽井沢ヴィネット」2006夏号
発行 : 軽井沢新聞社
なお、軽井沢ヴィネットのバックナンバーはここ↓で買えます。2006夏号はこのほかにもヴォーリズ以外の古い別荘も多く取り上げられています。
http://www.karuizawa.co.jp/vignette/index_publish.html










c0094541_10421396.jpg
 ヴォーリズレーン。略図が掲載されていますが、実際はこの地図だけで目標にたどり着くのは、やや難しいかも知れません。
c0094541_1044432.jpg
c0094541_10442494.jpg
 ベイウィンドウが素晴らしい片岡邸(旧 Dr. 鈴木の診療所)。軽井沢に行くまでは存在すら知りませんでしたが、たまたまこの本を見つけ買ったので、訪ねることが出来ました。偶然ですが、本を買った土屋写真館で話しかけてくれた人が片岡さんご自身という予想外の出会いがあった思い出の本です。
[PR]
by gipsymania | 2007-06-26 10:53 | その他

ヴォーリズ関連の書籍紹介~京都・滋賀のカフェ144

c0094541_9291223.jpg 

タイトル通りに京都と滋賀のカフェ案内誌。ヴォーリズの建物が2件紹介されています。

単行本: 128ページ
980円
出版社: リーフ・パブリケーションズ (2006/06)

内容(「MARC」データベースより)
窓から差しこむやわらかな光、爽やかな風が頬をなでるテラス席…。カフェの条件は人それぞれ。さぁ、楽しい想像がふくらむカフェの世界へ。わざわざでも訪れたくなる、京都・滋賀のカフェを紹介。データ:2006年5月現在。











c0094541_9334094.jpg
 京都のバザールカフェ(旧シャイブリー邸)。
c0094541_9342795.jpg
 近江八幡のクラブハリエ 日牟禮館(旧忠田邸)。
[PR]
by gipsymania | 2007-06-24 09:38 | 建築