「ほっ」と。キャンペーン

タグ:長野 ( 18 ) タグの人気記事

浮田山荘

c0094541_10543078.jpg
 7年前は発見できなかった旧ヴォーリズ山荘。軽井沢在住のケムリさんから頂いた写真を紹介しましたが、今回は自力で見つけました。細い山道の奥にあって、もう先には家などなさそうな山道をさらに進んだところにありました。

 ヴォーリズが軽井沢で夏の避暑に集まる外国人牧師との交流の拠点として建てた山荘。ヴォーリズは、ここ軽井沢にも設計事務所を作り、昼間はいわゆる営業活動をしながら、設計業務を行い、夜はこの山荘で休んでいたと思われます。軽井沢のみならず、全国に教会や牧師館を建てた源泉は軽井沢での活動があったからでしょう。

 「九尺二間」と称する、最小限の空間に快適で健康的な住まいを目指した、実験的な住宅として有名です。ここでも妻面に浅間石積みの煙突を配する軽井沢らしい雰囲気いっぱいの山荘。ヴォーリズの後に洋画家の浮田克躬氏の所有となり、現在も浮田家に使い続けられています。木造平屋建て。

浮田山荘
旧ヴォーリズ山荘 1922(大正11)年
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
撮影 : 2013.10.8
c0094541_10553132.jpg
c0094541_10554412.jpg
c0094541_10555558.jpg
c0094541_1056563.jpg
c0094541_10561717.jpg
c0094541_10562879.jpg
c0094541_10564083.jpg
前の小道の状態を見ると自転車は走りづらいです。したがって、この家から旧軽井沢の中心にあった事務所までは歩いて通っていたのでしょう。こんな森の奥なので、夜道は淋しいでしょうし、それ以前に夜中は住むこと自体が怖そうです。
[PR]
by gipsymania | 2013-11-16 10:59 | 建築

青葉幼稚園山荘へ再び

c0094541_1032586.jpg
 一夜明けて、早朝から散策です。前に行ったことがあるヴォーリズレーンの入口の記憶が定かでなく、少し迷って時間をロスしてしまいました。

 富山県富山市の私立青葉幼稚園を創立した、カナダの女性の宣教師アーム ストロングの別荘だった住宅。

 ヴォーリズレーンを東に進み、近江兄弟社コテージが消失したことを確認しつつ、手前で二つに分かれた道を7年前とは違い右に入り奥に進みます。マーガレット・アームストロングという婦人宣教師の夏の家として建てられました。7年前は上の道から上部の2階部分を見たわけですが、今回は下から見ることができました。下から見ると3階建てになっているのがわかります。玄関は2階部分にあるので、1階に行くには中で階段を下るのですね。

 山崎さんから、これらの下から見上げた建物は青葉幼稚園軽井沢山荘ではないというご指摘を頂きました。その前に行った時のページを見てください。こちらは間違いないようです。(2014.5.21)

青葉幼稚園軽井沢山荘
旧アームストロング山荘
1920(大正9)年
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1224
撮影 2013.10.8
c0094541_10411587.jpg
c0094541_10412743.jpg
c0094541_10413749.jpg
 ↓ 7年前に上の道から撮った写真。
c0094541_10422682.jpg

c0094541_10465910.jpg

[PR]
by gipsymania | 2013-11-07 10:43 | 建築

再び軽井沢集会堂へ

c0094541_16265631.jpg
 軽井沢テニスコートの隣にある集会堂は7年前と変わりません。

 軽井沢集会堂は、大正11年(1922)に日本人有志によって建設されました。この集会堂では、講演会、音楽会、映画会、展覧会などの催し物が行わ、昔の軽井沢の文化会館のような役割をはたしていました。今の集会堂は1994年に改築されたものです。

軽井沢集会堂
1922(大正11)年/1994(平成6)年改築
長野県北佐久郡軽井沢町旧道
撮影 2013.10.7
c0094541_16273087.jpg
c0094541_16274322.jpg
c0094541_16275480.jpg
c0094541_1628358.jpg
c0094541_16281185.jpg
c0094541_1628214.jpg
 夕闇が迫ってきました。そろそろ万平ホテルに戻って夕食です。
[PR]
by gipsymania | 2013-10-31 16:30 | 建築

再び軽井沢会テニスクラブ・クラブハウスへ

c0094541_9241612.jpg
 天皇ご夫妻の出会いの場所として有名なテニスクラブです。

 7年前と変わっていません。ただ周囲のフェンスの目が細かくなったようで、カメラのレンズがネットの間に入りません。また日が陰ってしまったので、写りがイマイチです。7年前に訪ねたのは昼間なので綺麗に見えます。木造2階建て。

軽井沢会テニスクラブ・クラブハウス
1930(昭和5)年/1995(平成7)年改築
施工 : 後藤工務所
長野県北佐久郡軽井沢町旧道
撮影 : 2013.10.7
c0094541_9252376.jpg
c0094541_9253224.jpg
c0094541_9254155.jpg

[PR]
by gipsymania | 2013-10-24 09:29 | 建築

軽井沢ユニオン教会

c0094541_1532291.jpg
 久々のアップです。

 7年ぶりに軽井沢へ行く機会がありました。大阪発のクラシックホテルを巡るバスツアーに参加。最初の日が軽井沢の万平ホテルに泊ったのです。

 軽井沢では夕方に着き、朝出発の過密スケジュール。周辺を見る時間が限られていたので、ホテル近くの建物を少し見ただけです。

 まずは軽井沢ユニオン教会。7年前は閉まっていましたが、今回は夕刻とはいえ、ドアが解放されていました。明かりの灯った十字架が印象的で、内部も照明が点っていて、思わぬ行幸でした。

軽井沢ユニオン教会
1906(明治39)年
長野県北佐久郡軽井沢町旧道
撮影 2013.10.7
c0094541_15332590.jpg
c0094541_15333576.jpg
c0094541_15335273.jpg
 日が陰って薄暗くなりつつあります。
c0094541_15343543.jpg
c0094541_15344586.jpg
c0094541_15345738.jpg
c0094541_1535668.jpg
c0094541_15351629.jpg
c0094541_15353335.jpg
 プロテスタント教会らしく装飾はありませんが、高い天井を細めの木製の梁と柱で支えています。
c0094541_15354161.jpg
c0094541_15354958.jpg
c0094541_15355836.jpg
c0094541_1536676.jpg
 入口横の階段をあがると・・・
c0094541_15364056.jpg

c0094541_15364896.jpg
 会堂を見下ろす小さな小部屋がありました。 
c0094541_15374232.jpg
 最近は常に開放されていると思われます。軽井沢は新発見はありませんが、あと数軒見てきたので、徐々にアップします。
[PR]
by gipsymania | 2013-10-15 15:43 | 建築

解体されるメジャー別荘

c0094541_1748220.jpg
 軽井沢にお住まいのケムリさんよりメールをいただきました。私が見つけることができなかった旧メジャー別荘が解体されるとのこと。送ってもらった写真を見ると、確かに解体直前。窓はすでに外され、家具などが運び出されているようです。

 軽井沢は個人の別荘なので情報がなく、現存していたのを知りながら場所が分からず、私にとってはベールに包まれたような建物でした。外観を見るとかなり大きな2階建てで、開口部に白い木枠を配して濃褐色の建物を引き立て、ヴォーリズの軽井沢別荘建築に共通した、石積みの上に土管を突き出した煙突、中には石積みの暖炉がある魅力的な建物です。
 
 メールによると「主な価値のあるものは全て外されていました。作り付けのベンチ(ヴォーリズ建築の特徴)は前日ナショナルトラストの方で外して保管したそうです。が、後は粉々になるのかと思うと悲しくなりました。居住者は初代はがラックモアーさん(やはり東洋英和に貢献した方)、それからメジャーさん、その後田中さん、そして東京の不動産業者、そして壊す!中に入ってみると湿気の多いところなのに床がとってもしっかりしていて軋みは全くありませんでした。また作り付けの食器棚の引き出しもスムーズに開きました。」ということです。また一つヴォーリズ建築は消えていくのはいかにも残念。木造2階建て。

旧メジャー別荘
1918(大正7)年
北佐久郡軽井沢町
撮影 : 2011.9.14
c0094541_17495531.jpg
c0094541_1750416.jpg
運び出された家具類。左下に天井照明灯具が見えます。これも価値がありそうです。
c0094541_17501637.jpg
 石積みの暖炉。2枚目にも別の暖炉が写っています。貴重な財産がまた一つ消えることになりました。
[PR]
by gipsymania | 2011-09-17 17:58 | 建築

片岡山荘のベイウィンドウ

c0094541_15515659.jpg
 5年前に訪れた片岡山荘。その時は建物の正面しか見ることができませんでした。最近、軽井沢の建物の写真を頂いているケムリさんから、内覧会があったとのことで、裏側にある美しいベイウィンドウの写真を頂きましたので紹介します。ヴォーリズの建築リストではDr.鈴木の診療所になっています。前回訪ねた後の2008年に国の登録有形文化財に指定されました。

片岡山荘
旧鈴木歯科診療所
1936(昭和11)年
登録有形文化財
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字西屋敷裏外167-15
撮影 2011.7.2
c0094541_1554187.jpg

 ↓は文化遺産オンラインにあるベイウィンドウの内部です。
c0094541_1681525.jpg

[PR]
by gipsymania | 2011-07-12 15:56 | 建築

浮田山荘

c0094541_1242539.jpg
 これも軽井沢在住のケムリさんから頂いた写真です。細い山道の奥にあるので、私は近くまで行きながら発見できなかった建物でした。

 ヴォーリズが軽井沢で夏の避暑に集まる外国人牧師との交流の拠点として建てた山荘。ヴォーリズは、ここ軽井沢にも設計事務所を作り、昼間はいわゆる営業活動をしながら、設計業務を行い、夜はこの山荘で休んでいたと思われます。軽井沢のみならず、全国に教会や牧師館を建てた源泉は軽井沢での活動があったからでしょう。

 「九尺二間」と称する、最小限の空間に快適で健康的な住まいを目指した、実験的な住宅として有名です。ここでも妻面に浅間石積みの煙突を配する軽井沢らしい雰囲気いっぱいの山荘。ヴォーリズの後に洋画家の浮田克躬氏の所有となり、現在も浮田家に使い続けられています。木造2階建て。

浮田山荘
旧ヴォーリズ山荘 1922(大正11)年
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
撮影 : 2010.5.5
c0094541_1253823.jpg
c0094541_1254936.jpg
「ヴォーリズ建築の100年」に載ったもので内部の写真があります。
[PR]
by gipsymania | 2011-04-10 12:07 | 建築

福井別荘「鶴楼」

c0094541_17362971.jpg
 これもケムリさんから頂いた写真です。私がこの山荘を知ったのは軽井沢ヴィネット2010年春号を見てからです。それまで存在すら知りませんでした。東京在住の岸本広吉氏がヴォーリズに依頼して建てた別荘で、現在もその孫にあたるかたが大事に使われています。

 別荘地の緑の雰囲気に溶け込んだような、ヴォーリズの作風を感じる素晴らしい建物です。1941年といえば太平洋戦争に突入した年。物資が不足していたころで、かつヴォーリズ建築事務所の仕事が少なくなっていた時期でしょうが、写真から見る限り、それを感じさせない丁寧な作りになっています。

 正面の妻側から見た浅間石積みの煙突が鶴の形に似ているため「鶴楼(かくろう)」と呼ばれているそうです。軽井沢ヴィネットにはほぼ全貌がわかる外観写真とともに、内部の写真も掲載されています。ヴォーリズらしい明るく住みやすそうなリビングとダイニングルーム、そして2階には別荘としては珍しい京間があります。木造2階建て。

福井別荘「鶴楼」
旧岸本広吉山荘
1941(昭和16)年
長野県北佐久郡軽井沢町
撮影 : 2010.5.5
c0094541_17384043.jpg
c0094541_17385662.jpg
c0094541_17391059.jpg
軽井沢ヴィネットに載った福井別荘「鶴楼」。
[PR]
by gipsymania | 2011-04-03 17:40 | 建築

朝吹山荘「睡鳩荘」

c0094541_13313585.jpg
 5年近く前に軽井沢を訪ねたときに見つけられなかった朝吹山荘、通称「睡鳩荘」(すいきゅうそう)。その後、旧軽井沢の奥にあった建物が塩沢湖畔(タリアセン)に移築されて公開されていることは知っていました。最近このブログを見てくださった、軽井沢在住のケムリさんから、思いがけなく美しい写真を送ってもらいましたので紹介します。

 三井財閥の一員で、後に三越や朝日生命の社長だった朝吹常吉氏の別荘として建てられ、長くボーヴォワールやサガンの翻訳家として有名な朝吹登水子さんが住まれた別荘です。なお朝吹登水子さんは今年の第144回芥川賞に選ばれた朝吹真理子さんの大叔母にあたる文学一家の生まれです。ちなみに東京高輪にはこのブログで紹介した旧朝吹常吉邸があり、これもヴォーリズの設計です。

 別荘地に似合う山荘風のバルコニーがあり、ヴォーリズ煙突のある最上級の木造建築。2008(平成20)年に滋賀県立近代美術館で開催された「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展」で、建物の解体の様子を写したビデオを見ました。一つ一つの部材を丁寧に仕分けしているのが印象的でした。ほとんど元の材料を使って再建したもので、多少のお色直しもあったでしょうが、素晴らしい形で残っています。また一般公開して、内部も見れるのがうれしいです。木造2階建て。

朝吹山荘「睡鳩荘」
旧朝吹常吉山荘 1931(昭和6)年
北佐久郡軽井沢町塩沢湖217 軽井沢タリアセン内
撮影 : 2009
c0094541_13324089.jpg
 湖に面した真裏。(以下もケムリさんのコメントを参考にしています)
c0094541_13341284.jpg
c0094541_13341942.jpg
 1階リビングとその天井照明。
c0094541_13344768.jpg
 階段踊り場の照明。少し見えてる絵は多分朝吹常吉氏。
c0094541_13353248.jpg
c0094541_13354018.jpg
 2階のファミリールームとカーテンのアップ。
c0094541_13362191.jpg
c0094541_13363360.jpg
 登水子さんの部屋。机とお気に入りの照明器具。
c0094541_13371840.jpg
 塩沢湖畔に前からあったように佇んでいます。
[PR]
by gipsymania | 2011-03-28 13:39 | 建築