日本福音ルーテル博多教会

c0094541_14315750.jpg
 2年半前に訪ねた時は外部のみ見てきましたが、先日帰省したときの日曜日に出かけてきました。もっと早い時間に行くべきでしたが、いろいろあって到着した時はお昼。すでに日曜礼拝が終わっていて、信者の方もほとんど残っていない状態でしたが、無理を言って中を見せていただきました。

 前回紹介したように戦後1948年の作品で、外部が改修されているため、新しい教会のように見えますが、内部は昔の姿を留めているそうなので、ぜひ見たかったのです。

日本福音ルーテル博多教会 1948(昭和23)年
福岡市博多区須崎町3-9
撮影 2009.1.11
c0094541_14324518.jpg
c0094541_1434569.jpg
c0094541_14332137.jpg
 礼拝堂はかなり大型です。アーチの向こうに薔薇窓のある聖壇が。
c0094541_1434555.jpg
 天井は当時を思わせる木製のトラス構造。
c0094541_14353857.jpg
c0094541_14355110.jpg
 両側の縦長アーチ窓が美しい。
c0094541_14362551.jpg
 振り返って2階席のある入口方向をみています。
c0094541_14371047.jpg
 
c0094541_14372591.jpg
 中を見たかった理由の一つはこれ。礼拝堂の最後尾・両側の長椅子には豊郷小学校にあるウサギと亀の彫り物に似た羊の飾りがあります。思ったより小さかったです。しかしヴォーリズのユーモア精神を感じますね。
c0094541_14383478.jpg
 前回、幼稚園と思ったこのスパニッシュ風の建物は牧師館でした。
c0094541_14391218.jpg
 礼拝が終わって後仕舞をされているときに、見せていただきありがとうございました。
[PR]
by gipsymania | 2009-01-13 14:40 | 建築


<< 日本基督教団八幡浜教会 Gitano Family J... >>