再び近江岸邸へ

c0094541_1358923.jpg
  石津川の富久邸を見た後、ここまで来たら南海電車であと2駅。浜寺公園の近江岸(おうみきし)邸を再訪しました。前に訪ねたのは2006年6月ですから、ほぼ7年前のことです。前回は小雨の中の撮影。今回は快晴です。

 1934(昭和9)年の設計で翌年の完工。この頃はヴォーリズの円熟期。スパニッシュ瓦葺,切妻造の住宅で、関西では小寺邸なきあとの貴重なスパニッシュ邸宅です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

近江岸家住宅
1935(昭和10)年
有形登録文化財
施工 : 岡本工務店
堺市西区浜寺昭和町3-351
撮影 : 2013.2.10
c0094541_1413342.jpg
c0094541_14131576.jpg
c0094541_14132565.jpg
c0094541_141334100.jpg
c0094541_14134420.jpg
c0094541_14135330.jpg
c0094541_1414330.jpg
c0094541_14141335.jpg
c0094541_14142296.jpg
c0094541_14143163.jpg
c0094541_14144035.jpg
 久しぶりに見ましたが、美しい姿はそのままで、庭内の植木もよく手入れされていて、大切に使われていることがわかります。
[PR]
by gipsymania | 2013-02-18 14:15 | 建築


<< 軽井沢ユニオン教会 富久邸 >>