京都のバザール・カフェ

c0094541_17305557.jpg

同志社大学の近くにあるバザール・カフェ。同志社ゆかりの宣教師B.F.シャイブリーの住宅でした。

バザール・カフェc0094541_17354221.jpg
旧 B.F. シャイブリー邸 1919(大正8)年
京都市上京区岡松町258
撮影 2006.5.4 & 6.24

 あるホームページの引用です。「旧シャイブリー邸を改装したこの建物は、キリスト教の牧師会館として、多くの人に開かれきた。1999年9月からは、バザール・カフェとして、木・金・土曜日の3日間、日替わりで、いろんな国のシェフたちが自国の料理に腕をふるっている。アートな人や、NPOや市民が集まってくる魅力的な空間だ。」




c0094541_17402623.jpg

 最初に行ったのは日曜日だったので扉が閉まっていました。あらかじめ存在を知らなければ普通の民家と思って通り過ぎてしまいそうです。是非、木・金・土のいずれかに行くことをお勧めします。
c0094541_1544290.jpg

 日曜日はこんな感じで普通の家ですね。
c0094541_17434166.jpg

 同志社大学から烏丸通を渡って路地を西に向かうと、ヴォーリズらしい屋根と煙突が見えてきます。
c0094541_17471872.jpg

 そしてヴォーリズの建物でよく見られる煉瓦を使った門と建物があります。山形政昭教授の「ヴォーリズの西洋館」に築当時の写真が載っていますが、現在の姿とはかなり違って見えます。東側につながった部分が取り壊されて、西側だけが残っているように見えます。また正面の窓はアルミサッシになっていて現代のニーズに合わせて、改築しながら使われてきたのでしょう。
c0094541_1758548.jpg

 中には感じのいい暖炉があります。
c0094541_17591130.jpg

 この西面の窓は当時のままのようです。
c0094541_17595678.jpg

 「留学生御一行さま」という予約席が。アジア系の学生さんが集まるようです。料理もエスニック系です。中は禁煙ですがアルコールもあります。
c0094541_180487.jpg

 庭はオープンカフェになっていて椅子や地面に座って食事をする若者で一杯でした。
c0094541_184072.jpg

 裏側(南面)はこういう感じです。
[PR]
by gipsymania | 2006-08-27 17:55 | 建築


<< 京都府立医科大学基督教青年会橘井寮 神戸御影のセブンハーツ >>