福岡の西南学院大学博物館

c0094541_1242042.jpg

 私の母校です。中学に通いました。当時は西から大学、中学、高校と並んでいましたが、今はその場所は全部大学になり、中学と高校は北側に移設されています。この建物は当時は高校の講堂です。礼拝や催し物があるとき中学から道路を横切ってここに行ったのを覚えています。
 2005年に改修工事を終わり、今年(2006年)5月に博物館としてオープンしました。

西南学院大学博物館
旧 西南学院中学校・高等学校講堂 1921(大正10)年/2005(平成17)年改修
福岡市指定有形文化財
福岡市早良区西新6-2-92
撮影 2006.8.12
c0094541_13124193.jpg

 ヴォーリズの設計を示すプレートがあります。
c0094541_1316411.jpg

 入り口です。ここは日曜日とお盆・正月の前後を除けば毎日オープンしています。今日はお盆の休館日でしたので閉まっています。盆・正月しか帰省しないのでなかなか中へ入れません。(涙)
c0094541_1320275.jpg

 仕方ないのでガラス越しに一部を。
c0094541_13211594.jpg

 礎石に1920が刻印されています。ヴォーリズの作品リストは設計年で整理されていて、これもそうかな。いや基礎を打ったときかな。博物館入り口のプレートには「1921年建築」とあり、データはこっちを採用しました。とはいえこの礎石は新しいですね。
c0094541_13261859.jpg

 私が通った頃はもっと蔦が絡まっていました。場所も東側に移動していると思います。なにはともあれこうして残してくれるのはうれしいです。
 また当時は敷地内にドージャー邸という創立者の住宅がありました。今はありませんが記憶をたどると、木造の2階建てで、灰色の壁材の吹き付け仕上げだったはずです。少し前に紹介した東京のフレンズセンターに似たイメージでした。
[PR]
by gipsymania | 2006-09-02 12:54 | 建築


<< 福岡のバプテスト東福岡教会 佐賀の日本福音 ルーテル小城教会 >>