近江八幡のヴォーリズ

c0094541_1082372.jpg
 近江八幡市はヴォーリズが拠点としたところ。ヴォーリズファンなら一度は行ってみたい町です。今でもヴォーリズの遺産である建築物が25軒以上残っています。じっくり見るなら1泊をお勧めします。また建築めぐりはHP「滋賀レトロ」で紹介されている↓の地図が大変便利です。
http://sano567.web.infoseek.co.jp/SHIGARETORO/vo-rizu/hatimantuzu/index.htm

撮影 2006.9.23,24 & 11.25
c0094541_10154618.jpg
 ヴォーリズ記念館の前と近江兄弟社学園幼稚園の傍にあった近江兄弟社グループのパネル。メンタームの近江兄弟社、ヴォーリズ記念病院そして近江兄弟社学園と教会、YMCAなどヴォーリズの事業が引き継がれていて、地元へのプレゼンスは大きい。
c0094541_10201864.jpg
 ハイド記念館にあったヴォーリズ夫妻の写真。
c0094541_1021640.jpg
 幼稚園に隣接した一柳満喜子記念館の前にあるレリーフ。

c0094541_10223273.jpg この本をご存知ですか。

「伝道師の形見・近江八幡殺人事件」 秋月達郎
 
帯の解説です。「伝道師ヴォーリズ設計の建物に住む老婦人が相次いで不審な死を遂げた。京都-近江八幡-軽井沢を結ぶ謎の糸とは・・・・湖畔の古都を舞台に、伝建探偵・竹之内潤一郎が錯綜した人間模様を解きほぐす---シリーズ第3作。」
 
よくある推理小説ですが、作者が近江八幡やヴォーリズのことを詳しく調査したことが分かります。フィクションと現実をうまくミックスさせていて面白い。随所に本当のヴォーリズの逸話がちりばめられていて、それらも史実に沿っていて興味深いです。

 これから近江八幡に行こうと思う人は、ヴォーリズ以外の見所も出てきますので、この本をお読みになればさらに楽しめると思います。

c0094541_1037169.jpg
 最初の写真「ヴォーリズと少女の像」の道路を挟んだ南側に近江兄弟社の本社ビルがあります。
c0094541_10382342.jpg
 休日で閉まっていましたが、玄関ロビーにはヴォーリズ関連の面白そうなパネルが並んでいます。
c0094541_10394532.jpg
 本社ビルの南側には工場。町を歩いているとヴォーリズを意識させる車を何度も見かけました。
c0094541_10404694.jpg
 ヴォーリズ記念病院の車には「日本の中心」。
c0094541_10423141.jpg
 近江兄弟社学園のスクールバス。JRの駅から遠いのでスクールバスの数は多いようです。この駐車場の道を挟んだ東側にはもっとたくさんのバスが並んでいました。
c0094541_10464268.jpg
 近江兄弟社学園の新本館が建設中でした。立派な建物になりそう。
c0094541_10453762.jpg
 施工は竹中工務店。設計はもちろん一粒社ヴォーリズ建築事務所。
c0094541_10475568.jpg
 一粒社ヴォーリズ建築事務所のパンフレットをもらいました。
c0094541_10484385.jpg
 近江兄弟社学園の教育会館の前にある「日本の中心」のモニュメント。
 このようにいたるところでヴォーリズを感じる町ですが、歴史のある旧市街や八幡堀など観光の名所が多いのです。以下に少し紹介します。
c0094541_10571547.jpg
 近江八幡市立資料館。旧近江八幡警察署庁舎。古い建物ですが建築年、設計者などのデータは不明です。
c0094541_10592633.jpg
 警察署でしたから屋根には古いサイレンが。
c0094541_1101364.jpg
 白雲館。旧八幡東学校。1877(明治10)年築の登録有形文化財。学校として使用された後は、役場、群役所、信用金庫等になったりしましたが、その後建設当時の姿に復元され、今は観光の拠点として活用されています。
c0094541_1143785.jpg
 八幡堀の両側には古い建物が並び、和船による水郷めぐりができます。
c0094541_1162855.jpg
 八幡堀の岸にはこのような蔵。
c0094541_117674.jpg
 八幡堀の岸辺に建つかわらミュージアム。
c0094541_118549.jpg
 もう1枚かわらミュージアム。
c0094541_1183730.jpg
 鉄砲町で見つけた青ポスト。個人の所有だと思います。
c0094541_11103236.jpg
 民家の壁にある半分に切った小さな赤ポスト。新聞受けでしょうか。

 それでは、次回から近江八幡のヴォーリズ建築を紹介して行きます。あ~、やっとか・・・・
 
[PR]
by gipsymania | 2006-12-02 11:25 |


<< 近江八幡のヴォーリズ記念病院・... 週刊新潮のヴォーリズの記事 >>