ヴォーリズの煙突

 ヴォーリズの洋館は明治末期、大正から昭和初期にかけて建てられたでには煙突があるのが一般的です。つまり時代的に煙突の下には暖炉があったということになります。

 最近は新築の住宅に洋館が増えています。私自身が買うわけではありませんが、訳あって今年の初めにモデルルームを見に行ったとき、かなりの新築洋館に煙突が見えました。モデルルームの案内をしてくれた人に伺ったところ、これらは単なる飾りで、暖炉はありませんということでした。

 では古きよき時代の煙突をどうぞ。

c0094541_10303138.jpgc0094541_10304651.jpg











  
  ヴォーリズ記念館                               ひこね市民センター
c0094541_10313980.jpgc0094541_10315363.jpg












  旧近江八幡YMCA                             近江今津の前川邸
c0094541_1036312.jpgc0094541_10362659.jpg












 大津市の宮本邸                                 今津教会
c0094541_10374274.jpgc0094541_1038829.jpg












 近江八幡の村岡邸                               京都の賀茂川教会
c0094541_10394144.jpgc0094541_104083.jpg












                      近江八幡の前田邸
c0094541_10413426.jpgc0094541_10415054.jpg












                      滋賀大学陵水会館c0094541_10423517.jpgc0094541_10425328.jpg













 ルーテル久留米教会                             八日市の加藤写真館
c0094541_10435073.jpgc0094541_1044675.jpg












 京都御幸町教会                               近江八幡の佐藤邸
c0094541_10445656.jpgc0094541_10451039.jpg












 近江八幡の諸川邸                             高崎記念館
c0094541_1046302.jpgc0094541_10471361.jpg












 神戸ゴルフ倶楽部                              神戸のフロインドリーブ
c0094541_10485390.jpgc0094541_1049570.jpg












                      神戸の六甲山荘  
c0094541_1050068.jpgc0094541_10501536.jpg












  安土郷土館                                  鳥居本の寺村邸
c0094541_10511385.jpgc0094541_10513339.jpg












 近江八幡の杉本邸                              ルーテル博多教会
c0094541_10524043.jpgc0094541_10525474.jpg












  神戸の小寺家三男邸                            旧ニップ邸
c0094541_10541284.jpgc0094541_105426100.jpg











  
 関西学院大学外国人住宅                          関西学院大学宗教センター
c0094541_10553586.jpgc0094541_10554655.jpg












 関西学院大学本部棟                             関西学院大学宗教センター
c0094541_10564614.jpgc0094541_10565727.jpg












 神戸のヒビヤ・フラワー・アカデミー                     東芝高輪倶楽部
c0094541_10575750.jpgc0094541_10581330.jpg













 大阪堺の近江岸邸                             近江八幡の日牟禮カフェ
c0094541_1059473.jpgc0094541_110454.jpg












 神戸の小寺邸                                西宮の宮本邸
c0094541_1123469.jpgc0094541_112474.jpg










                      

 大津教会                                   須磨の室谷邸   

 Pe's Poem 「この地上」     
c0094541_11292923.jpg
 大きな川の畔に座って
 夕陽を見ていた
 それはゆっくりと
 たとえば
 わたしたちの
 最後の1日のように
 ためらいがちに落ちていった

 長い時間が流れ
 川が流れ
 わたしたちも
 やはり流れていた

 次第に見えなくなる
 風景の中で
 別れを告げるものたちの
 気配だけが満ちて
 ときおり
 忘れ物を思い出すかのように
 わたしたちは
 それぞれの深みに降りた

 明るみを残す
 川面が揺れ
 魚や鳥や草や花や
 眠りにつくものたちの
 かすかな焦燥の匂いを運んで
 風が渡るc0094541_11303343.jpg

 形を失うことは
 そんなに
 恐いことではない 
 地に伏し 溶けて
 浸透してゆく
 わたしの中のあなたも
 あなたの中のわたしも
 どこまでも
 希薄になっていける

 そうやって
 だれかれの区別なく
 溶け合うことが
 わたしたちの
 終わり方であり
 新しい始まりへの序奏

 消えてゆく光の向こうから
 一番星が現れ
 やがて
 悠久の夜の川を
 星たちが流れる
                
[PR]
by gipsymania | 2007-03-07 11:32 | 建築


<< ヴォーリズの暖炉 ヴォーリズの門と塀 その2 飾... >>