入間市の日本基督教団武蔵豊岡教会

c0094541_10173296.jpg
c0094541_1018155.jpg


 西武鉄道の池袋線で入間市駅から北に出て丘を下ると、国道16号に面して石川源一郎邸「西洋館」があります。そこから国道16号線に沿って、西に進むと国道から少し入り込んだところが武蔵豊岡教会。
 教会の門のそばにあった説明板「大正建造物の名残りを残す武蔵豊岡教会は、明治28年7月2日に創立され、礼拝堂は大正12年5月7日にヴォーリズの設計により竣工しました。半世紀以上経た今でも様式美は人々の目をひきつけます。」

日本基督教団武蔵豊岡教会
旧 豊岡メソジスト教会 1923(大正12)年
入間市景観50選指定
埼玉県入間市河原町8-6
撮影 : 2007.5.2





c0094541_1025048.jpg
 門の近くに教会建築の案内板。
c0094541_1026436.jpg
 緑色の尖塔が特徴です。
c0094541_10271511.jpg
 南が正面になります。
c0094541_1028479.jpg
c0094541_1028304.jpg
c0094541_10284488.jpg
 玄関ポーチを3方から。
c0094541_10295125.jpg
 礼拝堂南面には大き目のアーチ窓が整然と並んでいます。
c0094541_1031840.jpg
 北東から。
c0094541_10314725.jpg
 東面は大きな尖塔アーチ窓を挟んで2つの小さなアーチ窓。
c0094541_1033389.jpg
c0094541_10332167.jpg
 東面中央の窓をアップで。
c0094541_10342199.jpg
c0094541_10345191.jpg
 西に回ってみました。礼拝堂に小さな建物が隣接しています。
c0094541_10361357.jpg
 西の通用口。
c0094541_1036462.jpg
c0094541_1037848.jpg
 礼拝堂の北東奥に牧師館と思われる小さな建物。これも古そうです。ヴォーリズの設計なのでしょうか。
c0094541_10383251.jpg
 駅から歩いて西洋館の東側にある国道16号線を跨ぐ陸橋の上からも教会が見えました。
[PR]
by gipsymania | 2007-05-14 10:45 | 建築


<< 静岡市の旧マッケンジー邸 (その1) 会津若松市の日本基督教団若松栄町教会 >>