日本福音ルーテル岡崎教会

c0094541_1046505.jpg
 ヴォーリズが戦後各地に建てたルーテル教会のひとつです。名古屋出張のついでに岡崎まで足を延ばしました。岡崎には他にもヴォーリズ以外の近代建築が残っているので、それも含めて見に行く予定でしたが、名古屋から車で岡崎に向かう途中から、激しい雨になってしまいました。一応たどり着いたものの、雨で写真を撮るような状況ではなく、他の建物はギブアップ。たまたま雨脚が弱くなったときに、この教会だけを見てきました。


日本福音ルーテル岡崎教会 1953(昭和28)年
愛知県岡崎市伝馬通4-54
撮影 : 2007.6.9
c0094541_10474032.jpg
 ヴォーリズ戦後の教会建築に共通した、簡素な建物。明らかに戦前の手が込んだものとは違います。とはいえ、やさしいいい感じの教会です。
c0094541_10522926.jpg
c0094541_10525131.jpg
c0094541_10531452.jpg
 エントランスポーチも小さいです。
c0094541_10545368.jpg
c0094541_10551758.jpg
 礼拝堂の正面右側(西側)。奥に通用口がありました。
c0094541_10563634.jpg
c0094541_10565639.jpg
c0094541_10571676.jpg
 こちらは礼拝堂左側。奥に牧師館が隣接しています。
c0094541_10582789.jpg
 簡素ながらも木造のぬくもりを感じる教会でした。天気がよければ、このスパニッシュ風の白いスタッコ壁と赤い屋根がもっと鮮やかに写ったでしょう。
[PR]
by gipsymania | 2007-07-01 11:06 | 建築


<< 京都の駒井家住宅(駒井卓・静江... ヴォーリズ関連の書籍紹介~Agora >>