2006年 08月 28日 ( 4 )

東京港区のフレンズセンター

c0094541_23211746.jpg

 東京出張の合間に訪れました。期待通りのヴォーリズらしい建築です。

フレンズセンター(キリスト友会日本年会) 1923(大正12)年
東京都港区三田4-8-19
撮影 2006.7.6
c0094541_23254972.jpg

地図を見ながら行きましたが、やや迷った末にこの看板を見つけました。
c0094541_23271317.jpg

 一歩中に入るとヴォーリズらしくない白い木造の建物がありました。ただ別荘や山荘建築にはこういうのがあるし・・・と疑心暗鬼でこの横を通ってもう少し奥に入ったら、ありました、ありました。それが一番上の写真ですね。
c0094541_2329471.jpg

 庭には花が一杯。
c0094541_23303551.jpg

 集会所かなにかに使われているのでしょうか、エントランスも素敵です。
c0094541_2331421.jpg

 ということでエントランスの角度を変えて。
c0094541_23325912.jpg

 北東部はこんな感じでちょっと和風です。
c0094541_23324076.jpg

 いつものヴォーリズ煙突をどうぞ。
[PR]
by gipsymania | 2006-08-28 23:34 | 建築

京都の駒井家住宅(駒井卓・静江記念館)

c0094541_14541670.jpg

 北白川疎水道沿いにあるスパニッシュ・スタイルの駒井家住宅。京都大学理学部の駒井卓教授の私邸として建てられました。今は記念館として日本ナショナルトラストの手で保存されています。毎週、金曜日、土曜日は邸内の内覧ができるそうです。(入館料1000円)
 それを知らずに日曜日に出かけたので、門が閉まっていました。そのうち出直さないと。

駒井家住宅(駒井卓・静江記念館)
旧 駒井卓邸 1927(昭和2)年
京都市指定文化財
京都市左京区北白川伊織町64
撮影 2006.5.21
c0094541_1503248.jpg

 門には「駒井」の表札と案内板があります。「駒井卓 静江記念館」と呼ばれていますが奥さんが駒井教授の死後、ずっとこの家を保存されていたそうです。
c0094541_1534461.jpg

 北白川疎水道に面した西側が正面です。生垣が高いので全貌を写すことが出来ません。かなり大きなステンドグラスのようなアーチ窓が。中から見たら見事だろうなぁ。
c0094541_1552865.jpg

 これも西面の玄関と窓です。
c0094541_1565289.jpg

 通用門があります。さすがに凝ったデザインですね。
c0094541_1575366.jpg

 門から覗いた庭の様子です。
c0094541_1583365.jpg

 一回りして東側に行きましたが、垣根と樹木がさらに鬱蒼としていて、ほとんど見えません。やっと探したアングルです。こっちにヴォーリズの煙突がありました。
c0094541_15103811.jpg

 さらに北へ回ると、間に住宅を介して駒井邸の上部が見えました。

「おまけ」

 駒井邸の北側に回ったとき、そのまた北に面白いアパートがありました。思わずシャッターを。
c0094541_15125926.jpg

 あとで調べると昭和初期に建てられた謎の建物「銀月アパート」でした。青幻舎の出版「京都の洋館」(この本は薄いのですが写真が素晴らしい。ヴォーリズ建築も載ってます。)に面白い記事とともに掲載されています。次に駒井邸に行くときは、ここも再チェックしようっと。
[PR]
by gipsymania | 2006-08-28 15:18 | 建築

京都大学YMCA会館 地塩寮

c0094541_13401013.jpg

 京都医科大YMCA橘井寮を東へ行くとすぐ、同じ敷地にあります。橘井寮とともに同時期の大正初期に建てられた木造のため、数年前までは古ぼけて幽霊屋敷と呼ばれていたそうですが、2003年に改修されました。

京都大学YMCA会館 地塩寮
旧 京都帝大学生YMCA会館 1913(大正2)年
登録有形文化財
京都市左京区吉田牛ノ宮町23
撮影 2006.5.21
c0094541_13475048.jpg

 西面にはあのヴォーリズ煙突が。そしてここにもYMCAのシンボル▽。
c0094541_13485745.jpg

 通りに面した入り口ですが、本当のエントランスは裏にあります。
c0094541_13554979.jpg

 入り口には登録文化財の表示と▽マーク入りの礎石が。
c0094541_1350561.jpg

 裏に回ると確かにエントランスがありました。
c0094541_13505026.jpg

 窓のアップ。窓の枠木が朱色に塗り替えられています。
c0094541_13521078.jpg

 西面の通用門です。
[PR]
by gipsymania | 2006-08-28 13:53 | 建築

京都府立医科大学基督教青年会橘井寮

c0094541_1119401.jpg

 京都医科大のYMCAとして建てられたもので、かなり老朽化していますが、今も寮として使用されています。大正2年築の木造でヴォーリズの初期の作品。隣の京都大学YMCA会館と同時期に建てられたようです。また隣に日本基督教青年会同盟学生部関西駐在主事宅がありました。

京都府立医科大学基督教青年会橘井寮
旧 京都府立医大学生YMCA橘井寮 1913(大正2)年
京都市左京区吉田牛ノ宮町23
撮影 2006.5.21
c0094541_11213181.jpg

 入り口のアップです。橘井寮の表札が見えます。
c0094541_11494189.jpg

 東側はこんな感じ。上部にある▽マークはYMCAを表しているそうです。
c0094541_11334953.jpg
 
 橘井寮に北側に隣接して日本基督教青年会同盟学生部関西駐在主事宅があります。これも同時期に建てられたと思われます。
c0094541_11361265.jpg

 西側の道路から塀越しに。
c0094541_1137358.jpg

 主事宅入り口をアップで。
c0094541_11373834.jpg

 主事宅にはこのようなかわいい通用門があります。5月なのにクリスマスの飾りのようなものが残っていました。
c0094541_1139348.jpg

 更に奥には住宅があります。よくわかりませんがヴォーリズの煙突のような・・・これも怪しい。
[PR]
by gipsymania | 2006-08-28 11:40 | 建築