タグ:ヴォーゲル ( 1 ) タグの人気記事

青山学院本部

c0094541_15483123.jpg
 2年前に青山学院高等部 P.S.講堂を訪ねた時に撮影していたものです。「近代建築散歩 東京・横浜編」を見て、この建物が大正6年までヴォーリズ建築事務所のスタッフだったJ.H.ヴォーゲルが原案を提供したことがわかりましたので、このブログに取り上げます。

 ヴォーゲルは独立して上海に赴く以前の五年間は、近江八幡のヴォーリズ建築事務所に在籍し、中心的なメンバーとして活躍していた人物。代表作は活水女学校( 活水学院)本館(1926)、九州女学院(ルーテル学院高等学校)本館(1926)、本郷中央教会(1929)など独立後もヴォーリズ事務所と連携が続いていたと思われます。

 この建物は神学部校舎として建築され、神学部長だったA.D.ベリー先生の功績をたたえ、「ベリーホール」と呼ばれました。現在は本部棟として利用されています。ゴシック風の意匠で、正面中央は3階建て。正面左手側が平屋建ての礼拝堂になっており、左右対称の構成とするため右手部分も平屋建てになっています。鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階。


青山学院本部
旧青山学院ベリーホール 1931(昭和6)年
設計 : J.H. ヴォーゲル(原案)+清水組
施工 : 清水組
東京都渋谷区渋谷4-4-25
撮影 : 2006.12.7
c0094541_15493017.jpg
c0094541_15494389.jpg
c0094541_15495192.jpg
c0094541_1550081.jpg
c0094541_1550981.jpg


Pe’s Poem 「この地上」c0094541_15522257.jpg

大きな川の畔に座って
夕陽を見ていた
それはゆっくりと
たとえば
わたしたちの
最後の1日のように
ためらいがちに落ちていった

長い時間が流れc0094541_15525097.jpg
川が流れ
わたしたちも
やはり流れていた

次第に見えなくなる
風景の中で
別れを告げるものたちの
気配だけが満ちて
ときおり
忘れ物を思い出すかのように
わたしたちは
それぞれの深みに降りた

明るみを残す
川面が揺れc0094541_1553635.jpg
魚や鳥や草や花や
眠りにつくものたちの
かすかな焦燥の匂いを運んで
風が渡る

形を失うことは
そんなに
恐いことではない 
地に伏し 溶けて
浸透してゆく
わたしの中のあなたも
あなたの中のわたしも
どこまでも
希薄になっていけるc0094541_15592271.jpg

そうやって
だれかれの区別なく
溶け合うことが
わたしたちの
終わり方であり
新しい始まりへの序奏

消えてゆく光の向こうから
一番星が現れ
やがて
悠久の夜の川を
星たちが流れる
[PR]
by gipsymania | 2008-12-22 16:00 | 建築