タグ:熊本 ( 3 ) タグの人気記事

九州女学院高等学校本館(ルーテル学院高等学校本館)

c0094541_18121254.jpg
 ルーテル学院を訪ねたのは1年前です。ここに元ヴォーリズ建築事務所のスタッフであったJ.H.ヴォーゲルの設計による旧九州学院本館があるのを知って見に行ったわけです。

 本館の外観は山形政昭著「ヴォーリズの建築」で写真を見ていたのですが、実際に現物を見たら、あまりにも新しく、かつ印象が違うので、これは完全に建て替えられたのかと思って、このブログでの紹介を控えていました。
 
 ところが、先日、滋賀県立近代美術館で開催されている「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展」に私が見たままの写真が展示されていたのでした。その時購入した「ヴォーリズ建築の100年」という本に、「近年修理された」という記述があり、昔のままの意匠が保たれていることがわかりました。鉄筋コンクリート造り2階建て、中央部3階建て、地下1階の登録有形文化財。

九州女学院高等学校本館(ルーテル学院中学・高等学校本館)
旧九州女学院本館 1926(大正15)年/1951(昭和26)年増築/2006(平成18)年改修
登録有形文化財
設計 : J.H.ヴォーゲル(ヴォーリズ建築事務所)
熊本市黒髪3-12-16
撮影 : 2007.4.1
c0094541_18133078.jpg
 学院の正門。ここから緩やかな坂を上ると、
c0094541_1814233.jpg
c0094541_18144667.jpg
c0094541_18145716.jpg
 最初に大正15年に中央部分が完工。当初ヴォーゲルはスパニッシュ様式を考えていたが、学院側の希望で、近くの熊本城との調和する和風を取り入れたデザインになったそうです。改修時に変わってしまいましたが、屋根はもともとは和瓦葺でした。
 東西の2階建ての両ウィングは1951(昭和26)年に増設されました。
c0094541_18221951.jpg
 玄関と、
c0094541_18223073.jpg
c0094541_1822404.jpg
 玄関ホール。
c0094541_18234118.jpg
c0094541_18235340.jpg
 おまけです。この建物はヴォーゲルではありません。創立者のひとりであるマーサ・B・エカード夫人を記念したエカード会館。
c0094541_18261951.jpg
 せっかく行ったのに、お蔵入りせずによかった~。

Pe's Poem 「カンダタ」
c0094541_1831894.jpg
  初めに罠があり
  張りめぐらされた現実主義を
  よじ登りきることで
  見えるものは
  やはり闇世ではなかったか

  虚空の夢譚めいて
  音もなく下りてきた
  あの銀色の糸の
  往還ならぬ一定点で
  身を削ぐほどの転身の術もなく
  裂傷をさらに深くして
  ずぶずぶと
  自己の重みだけで沈んでいった

  有り様を逆手にとればc0094541_18312711.jpg
  浮きあがる方向性の主題
  視界ゼロメートルの分岐点で
  居心地の善し悪しを
  嗅ぎ分ける皮膚感覚は
  既に晒されて
  どんな波紋の言語も寄せつけず
  凝固癖をつのらせる

  他でもない私の存在の塊りを
  ひと握りに握りしめ
  ひとおもいに投げ出してみせた
  身震いは尾を引いて
  まっしぐらに
  果てしない地辷り

  夢亡現実
  釈迦一代の暗い夜を抱え
  泥土の中で
  眠れない手のひらは
  開いたまま充血する
[PR]
by gipsymania | 2008-03-15 18:33 | 建築

日本福音ルーテル熊本教会

c0094541_13254091.jpg
 c0094541_13264976.jpg
 熊本の中心部(水道町の交差点のそば)にあり、交通の便も良いところにある教会です。こじんまりしてビルの間に建っています。戦後のヴォーリズの教会建築に共通した、簡素ですが、優しく美しい礼拝堂です。
ちなみに先に紹介した、同じ熊本の九州学院や九州女学院もルーテル教会系で、いずれもヴォーリズが作品を残しています。

日本福音ルーテル熊本教会 1952(昭和27)年
熊本市水道町1-21
撮影 : 2007.4.1









c0094541_13273627.jpg
 向かって左に鐘楼、右が礼拝堂です。
c0094541_13291382.jpg
 礼拝堂の入り口は2階。階段を登って入ります。
c0094541_1330394.jpg
 鐘楼の上は緑色の尖塔。
c0094541_13313544.jpg
 尖塔アーチの入り口から礼拝堂へ。
c0094541_13323175.jpg
c0094541_13325939.jpg
c0094541_13331172.jpg
c0094541_13332387.jpg
c0094541_13333773.jpg
 日曜日でしたので礼拝に参加しました。バイオリンの生伴奏があました。お借りした聖書と讃美歌集には、説教に使われるページすべてに、予めしおりが挟んであり、またスクリーンを使ったプレゼンテーションも同時に見れるという荘厳な中にもてきぱきとした礼拝でした。外国人の信者の方もちらほらと。
c0094541_13362478.jpg

[PR]
by gipsymania | 2007-04-16 13:41 | 建築

熊本の九州学院高等学校 ブラウン・メモリアル・チャペル

c0094541_12143551.jpg
 c0094541_12234762.jpg

一度は行ってみたかった九州学院高校。ヴォーリズはここには他にも図書館と体育館(1931)を建てましたが既に現存せず、一番古い講堂兼礼拝堂のみが残っています。
 この建物は学院の設立者ブラウン博士を記念して建てられたものです。鉄筋コンクリート構造平屋建て。講堂ですが、西南学院博物館と同様に教会堂建築のスタイルをとり、講壇も設けられています。また、アーケード上部にアーチの高窓、側壁には二連の半円アーチ形の窓を設けています。 外壁は白い人造石で正面の意匠に特徴が見られます。

九州学院高等学校講堂兼礼拝堂(ブラウン・メモリアル・チャペル)
1925(大正14)年
登録有形文化財
熊本市大江5-2-1
撮影 : 2007.4.1





c0094541_12252377.jpg
 チャペルの前にある石版に建物の由来が書いてありました。
c0094541_1227387.jpg
c0094541_12273595.jpg
 ヴォーリズらしい正面のファサード。
c0094541_1229544.jpg
 東のテニスコートから見た側面。思ったより長大です。
c0094541_1231467.jpg
 東面の2連アーチ窓。
c0094541_1232443.jpg
 東面の北側に庇をもった通用口があります。
c0094541_12333038.jpg
 通用口を正面から。
c0094541_12341066.jpg
c0094541_12344265.jpg
 北が裏側です。地球儀のような丸窓が。
c0094541_12362092.jpg
 日曜日でしたが人気がなく、ほとんどの窓は閉まっていましたが、裏面の一箇所だけ開いていました。そこから中を。
c0094541_12383942.jpg
 西へ廻ってきました。こちらは木がたくさん。
c0094541_12394568.jpg
 西面の2連アーチ窓。
c0094541_1241056.jpg
c0094541_12413781.jpg
c0094541_1242226.jpg
 桜が満開です。惜しむらくは小雨模様の降ったりやんだりで、もう少し日の光があったらよかったです。
c0094541_12512449.jpg


 この建物の外部を見るのはほぼ自由だと思われます。北側は通りに面していて、門はいつも開いているようです。ただ内部は一般公開されていません。これから紹介する写真はルーテル久留米教会の水原牧師に送っていただいたものです。
c0094541_12483248.jpg
c0094541_1249151.jpg
c0094541_12492510.jpg
 歴史を感じる建物が非常にいい状態で今も使われてるのがわかります。

Pe's Poem 「花吹雪」

  ここまで来てくれなずむ
  どこまでもかすんで
  たち揺らぐばかりのc0094541_1314354.jpg
  やまざくら 
  あさぎざくら 
  ひかんざくら
  
  花闇のあわいに
  すい込まれそうになるのは
  風のせい
  身軽だから 空っぽだから
  それとも
  傾斜する道の
  行方を見ているから
  
  なだらかに
  過ぎていく時間を待ち
  なだらかに
  待つ人を過ぎて
  きのうの場所から
  ふたたび追いかけてみる
  という
  夢の
  青い影たち  c0094541_132127.jpg
  
  手のひらにあつめて
  風にのせる
  どこまでも
  遠くはなれて
  それでもついてくる
  花宴の記憶
  
  残りの酔い
  ざわざわと醒め
  ざわざわと波だち
  闇を呼び 闇を払い
  闇を重ね 闇を散らす
  行きまどい
  わからなくなる
  
  夕暮れに
  きみは ただ
  降りしきる
[PR]
by gipsymania | 2007-04-14 13:14 | 建築